フォトアルバム

最近のトラックバック

2016年12月 5日 (月曜日)

おてがみ

20161205_211603

 夜の羊さんたち。帰宅しようと車に乗り込むと、足音を察知してボェボェと鳴くので見に行ってみたところです。一番奥の巨体は白丸くん。最近はなぜかこの場所がお気に入りです。そして手前が母親のモコちゃん、その奥がやんちゃ娘のももちゃんです。

 この子たちがここで暮らすのもあと2週間。除草のために借り受けているものですから、草が生えない冬場はお返しするのがルールです。来春、草を食べに来てくれる羊さんがこの子たちとは限りませんので、しっかりと別れを惜しんでおかなくてはなりません。

20161205_165326

 小学校の飼育園芸委員会を指導している同僚が、こういう企画を立ててこの紙を私の机上に置いてくれたのですが、それを見た他の先生方は皆、教頭先生、さびしいですね、泣いたらダメですよ、などとイジってくれます。

 まぁ泣きませんけれど、毎朝出勤したら羊のようすを確認して、帰る前にも羊に挨拶をして、という毎日でしたから、多少は穴が空くでしょう。けれどもこの子たちが暮らす牧場までは車で小一時間ですから、会いたくなったら車を走らせる、そのためにスタッドレスタイヤも用意してあります。

20161205_164029

 金曜日に1年生と羊さんとのふれあい観察会をする中で、突然のじゃんけん大会。教頭先生とじゃんけんをして勝ち抜いた人は白丸くんの背中にのせてもらえる、というのをやったのですが、乗っかった女の子からお手紙が届けられました。ただの1枚ものの紙なのですけれど、封筒よろしく線をひいてハートのシール(のつもり)で封をしてあるところ、女の子ですねぇ。

20161205_164020

 彼女がおうちの人にめぇめぇ牧場まで連れて行ってもらったら、きっと首に吊されている名札を頼りに3頭を探すことでしょう。そう、私もそうします。でもおそらく、牧場に帰って日が浅いうちなら、こちらの顔を見て向こうから走ってきてくれるかもしれません。

 実際、白丸くんは昨年も我が職場に来てくれていたのですが、そのときに接した人たちによくなついています。モコちゃんは功利主義的で、とにかくなにかいいことをしてくれそうな人に寄っていく、という感じなのですが、白丸くんはそれほどでもありません。忘れられてしまわないように、私も牧場に通うつもりです。

2016年12月 4日 (日曜日)

聞き紅茶

20161204_210358

 午前中はいいお天気でしたが、午後からは雨。閉じ込められてしまい、夜も更けた頃、ようやくお散歩に連れて行ってもらった「ちち(仮名)」さん。明日は朝から皮膚科の受診ですので、また病院でおびえて小さくなることでしょうが、本人(犬)はそんなこと知りませんから上機嫌で遊んでいます。

 危うく忘れそうになっていたイヴェント、リマインダーのおかげもあって無事に参加することができました。奈良ならではの・・・とふざけた名前ですが内容はそこそこ楽しめるものでした。

20161204_113547

 奈良県庁の正面玄関前には広場とそれを囲む開放回廊があり、そこを会場に行われたイヴェントです。入場料を払った人にはデミタスカップサイズの陶器製カップが手渡され、これを各ヴェンダーに差し出してお茶を注いでもらうというスタイルですが、割れる陶器のカップ、熱いお茶、そういうものを持ち歩くのがはばかられるほどの混雑ぶりでした。

20161204_113601_hdr

 全国各地の紅茶を飲み比べていると、段々とお腹が変な感じになってきます。そこはぬかりなく、サンドイッチや柿の葉寿司などが売られていますので、それらを買い求めてしばし休憩し、落ち着いたところでまた出撃、ということを何度か繰り返しましたが、結局、ある程度すいていて目にとまったブースばかりを飲み比べるとことになりました。

 熱心な人たちはお茶を飲みながらブースの前から動かないので、そういうところはパス。本当はそういうところのお茶こそ飲まなければならないのでしょうけれど、お店の人相手にうんちくを語っている人の横にいるだけでストレスです。

20161204_120154

 いきなり子連れの美女に声をかけられてびっくり。実は金曜日に羊さんと触れあう授業をする中で、じゃんけん大会を勝ち抜いて羊の背中に乗るという栄冠を勝ち取ったお嬢さんとそのお母様でした。地元のイヴェントですから顔を知られている当方は実に危険です。

 写真は埼玉県からの金粉入り狭山茶のお紅茶。急須で淹れると金粉がカップに出てこないので、シェーカーで淹れるというこだわりの一杯です。結局、紅茶紅茶したものではなく、紅茶でありながら紅茶らしくない、そういうものを何点か選んで買い求めてきました。時間のあるときにじっくり淹れて楽しもうと思っています。

2016年12月 3日 (土曜日)

謎のLAMY?

20161204_041743

 半ば眠りながら身繕いをしている「くま(仮名)」さん。写真がブレているのは彼女が細かく動いているせいでもあります。

 飼い主は例によって昼前まで惰眠をむさぼっていて、その後職場へ。生徒や保護者からの学校評価アンケート結果を集計しようと、あらかじめ用意しておいたエクセルの集計シートを起動して内容を初期化。しかる後に各学年の担当者が入力してくれたアンケート結果を読み込んだのですが、どうも4学年ほどデータが足りません。居合わせた同僚に聞いてみると、入力しているところを見た、という証言も。どうやら、いきなり集計シートに打ち込んでしまった人が何人かいたようです。

 用意した入力用シートにある計算式にデータを上書きする人があとを絶たないので、入力して欲しいところ以外は保護をかけてあったのですが、それを嫌って、保護のかかっていない集計用シートを見つけ出して入力した、というのが真相のようです。哀れ、入力されたデータは私がスッキリと初期化してしまいました。シートの型式もまったく違うのに、平気で入力してしまう人の神経を疑います。

20161204_015756

 このアンケートの担当者であり、私に集計を依頼してきた教務主任曰く、コンピュータ相手にカチャカチャやるのは教師の仕事じゃないのだそうで、だからあんたが集計してくれ、というお話。まぁそれぐらいのことしかできない私のことですから集計はやりますけれど、データはこのシートに入力してもらってね、と念を押したのに、何の連絡もされていなかったようです。こういう低いレヴェルの仕事、いちいち言うまでもないと思われたのでしょう。

 さて、写真は先日のWAGNER松本大会の最中、これなんだろうと一部で話題になっていたペンです。LAMY2000のステンレス軸みたいな見た目ですけれどクリップが違います。よくよく調べてみると、LAMY26Pという古いモデルで、キャップにはW.Germanyの刻印があります。

20161204_015846

 首と胴との間に、サファリと同様の「輪っか」がはめ込まれていますので、インクカートリッヂをセットしてこの輪っかを外し、胴軸をねじ込めば準備完了、となるのでしょう。そう思って、LAMYのカートリッヂをあてがってみましたが、残念ながら合わないようです。

 いろいろ調べてみると、standardなカートリッヂやコンヴァータならいける、などと書いてあるのを見つけました。英語はさっぱりですから本当に意味がとれているのかどうか怪しいですが、思っているとおりなら、ヨーロッパ標準などと言われているタイプが合うのでしょう。これについての検証は、また後日です。

20161204_015926

2016年12月 2日 (金曜日)

雨の風情・残り

20161115_193127

 今日も炬燵布団の上で眠る「ちち(仮名)」さん。気がついてみれば週末の金曜日ですが、実にバタバタとせわしない1日でした。ACCUなる組織がコーディネートする中国からの教員訪問団が私の勤務先に来られたので、中国語(簡体字)で歓迎の横断幕を作ったり、お口に合いそうな和菓子を探してきたり、和紙で作った箸袋に割り箸を入れて給食に備えたりと、段取りの良くない私はバタバタするばかりでした。

 しかも今日は、里帰りを目前に控えて、小学1年生と羊さんとのふれあい体験の日。小学生が家庭から持ち寄った野菜くずを羊さんに与えつつ観察するという学習ですが、羊の首に巻いたロープがほどけて羊が自由に動き回り、プチパニックでした。しかし賢い羊さんたちは、小学生の手に野菜くずがないのを見るや自ら羊小屋にご帰還。心配されていたような逃走劇もなく、平穏に学習を終えることができました。

20161127_160133

 こちらは詩仙堂にほど近い圓光寺の境内。雨の中、詩仙堂の拝観を終えて帰る道すがら、水琴窟があるという案内につられて拝観したお寺ですが、こちらもなかなかに風情のあるお寺でした。水琴窟があるとは言え、人出も相当なものなのでやかましくて何も聞こえはしないだろう、と諦めつつの拝観でしたが、結論から言うと、何の問題もありませんでした。

20161127_155854

 この大きく開いた手水鉢のそこには穴が開けられていて、そこから水が地中へと落ちていくものと思われます。同じ頃に拝観していた皆さんは、この水琴窟には目もくれず、わいわいがやがやと通り過ぎていきます。これでは何も聞こえないね、と言っていたのですが、よくよく見ると地面に竹筒がささっています。

 写真左、水平の緑の竹にもたれかかるようにV字型に2本の竹が見えますが、この竹筒の端に耳をあてると、素晴らしい音が聞こえるのです。この週末はお天気も良さそうなので、さらなる人出になろうかと思いますが、もし拝観されましたなら、ぜひ耳をあててみてください。

2016年12月 1日 (木曜日)

折れるな

20161201_063552

 今日もまた、あざとく顔を洗っている「くま(仮名)」さん。そんな彼女の傍らにはいつも餌鉢があります。ワンコのジェダイがいるのなら、きっと別れ際にこう言うのでしょう。May the Bowl be with you!

 今日もまた、週末に学校にやってくるお客様を迎える準備で大忙し。まぁそういう役割を担っている職場に勤めているのですから当然ですが、今週だけで3組のお客様を迎えることになります。自分たちにとっては日常であり、普通のことでも、それを見たいとやってくるお客様にとっては感動の連続である、というのもまたおもしろく、やりがいのあることではあります。

20161201_200214

 教頭先生、私のコンピュータ、ネチョッ、っとしてるんですぅ、という訴えがあったので、何とかならないものかと教育委員会事務局に問い合わせると、すでにその個体はサーヴィス期間終了なので有料でも修理は難しい、という冷たい答が返ってきました。この先、Windows7のサポート終了もそう遠くないわけですし、そうなったら大変なお金がかかることでしょう。行政としても頭の痛い問題でしょうけれど、この業界にBYODは馴染みません。

20161201_201550

 仕方がないのでパンタグラフを壊さないようにそぉ~っとキーを剥がしてみると、何やら茶色い汚れが付着していました。このPCの使用者はこの夏まで育児休業で休んでいた人で、その間、代わりに来ていた人が無類のお菓子好きだったので、おそらくはその人が何かをこぼしたのでしょう。

 水分が少し抜けてしまったようなお手ふきを精密ドライヴァの先に被せてこすること数分、DELETEから右SHIFTまで、ほぼ一列すべてねっちょりとなっていたものが改善しました。ひとつ間違うとキーが飛んでいって土台のパンタグラフも破損、という最悪な状況になりますから、うまくいって何よりでした。噂を聞いて私も私もとならないことを祈りたいものです。

2016年11月30日 (水曜日)

雨の風情

20161115_193322

 こたつ布団の上で寝るのが大好きな「ちち(仮名)」さん。写真はおそらくヤラセと思われます。すなわち、撮影者が寝ている彼女を仰向けにひっくり返してから撮った1枚でしょう。ホットカーペットとファンヒーターで暖められた部屋の中で、肌触りの良い布団に乗っかって寝る、最高の気分でしょう。

20161127_152534

 先の週末は雨、それも激しい雨でしたので、雨の詩仙堂は最高、というのにつられて行ってみたのですけれど、風情を感じるところまでは行きませんでした。そういう話を京都に詳しい人にすると、いや、それで良かったのだと言われます。雨だからこそ、まだ風情があったので、これが晴れていたならば猛烈な数の人が押し寄せていて、庭を見るどころか人を見ていただろうというのです。

 実際、観光客を案内してきていたタクシーの運転手さんが、「耳を澄ませると鹿威しの音が聞こえますよ。」とおっしゃってましたが、人があふれていては耳を澄ませても何も聞こえなかったことでしょう。

 不思議なのは、詩仙堂の風情を楽しむために来ている人たちなのに、庭を前に腰を下ろし、大きな声で話している人がほとんどだということです。せめて縁側に腰掛けているときぐらい、口を閉ざして「庭を聞く」ということをしても良さそうなものですが、それすらできない、いや、しようとも思わないのでしょう。

 別のお寺ですが、仕方ないと思ったのか、わいわいがやがやの中でも味わうことができる仕掛けをしてらっしゃいました。そのことについてはいずれまた別の機会に。

2016年11月29日 (火曜日)

極小ペントレ

20161127_135341

 挟まって眠る「くま(仮名)」さん。体全体がケージに挟まった感じになっていて、後ろ脚もケージとトレイの間に挟まってしまっています。彼女は起きて動き回っているときはとにかく元気なのですが、それ以外のときはひたすら寝ています。若い頃はさほどでもなかったので、歳のせいでしょうか。

 歳のせいと言えば、飼い主も衰えが目立ってきました。自宅から松本まで360キロあまり、約4時間を走り抜けると相当に疲れた感じがします。長距離ドライヴは2時間ごとに休憩というのを無視して、6時間でも7時間でも走り続けていたことを思うと、4時間そこらで疲れたと感じるなんて、という思いですが、こうしてどんどん朽ち果てていくのでしょうね。

20161130_062559

 東京都から2名、神奈川県から1名、富山県から1名、愛知県から1名、そして奈良県から1名と、合計6名の参加があった松本でのWAGNER。会場内は呑んでる人と研いでる人、という感じで、静かな、あまりにも静かな時間がまったりと過ぎていく、そんな感じでした。

 そんな会場内で、新業態でのペントレを模索するそりとん大先生から、まだ黄色い丸のついていない萬年筆をせしめました。散髪屋から出てきたばかりの角刈りのおっさんみたいな形で、書いてみれば縦は太く、横は細い、そういうのが好きな人にとっては理想的なペン先がついておりました。

20161130_063018

 しかしながら、そのままではラインマーカーを使うがごとく向きに注意しなければインクが出ないようなペンでしたので、忙しく研ぎまくっている師匠にお願いして普通に書けるようにしていただきました。

 こいつにインクを入れて職場での普段使いに、と思っているのですが、問題はこのLAMY2000の見た目です。この地味きわまりないペンを机の上の湯飲みに挿しておいたら、きっと誰かに持って行かれて、あ、このペン書かれへんわ、と親切にゴミ箱に投入、というのがオチ(実話)です。かつての職場で、大橋堂のエボナイトや樹脂軸多面体のキャップレスがそういう目に遭いました。相当広がりを見せているとは言え、多くの知らない人にとって萬年筆は、書けない変なペン、なのかもしれません。

2016年11月28日 (月曜日)

ご対面

002811151934282154989  可愛い可愛い私を差し置いて、お姉さんにかわいがられている奴がいる、と様子をうかがう
「くま(仮名)」さん・・・・・というのはウソで、いかに乱暴者の「ちち(仮名)」さんと言えども、無防備にひっくり返っている状態なら「ちち(仮名)」さんも怖くない、と近寄ってきたものと思われます。

 飼い主としては、この2頭がもう少し仲良くしてくれれば、と思うのですが、ワンコにはワンコの論理があって、そういうわけにもいかないのでしょう。

002811290744541744933 LAMYのインク箱に前脚をかける謎の羊。色合いからしてサフォーク種です。現物と比べて特に可愛いともいえませんが、縁あって我が家にやってきました。

 モノとしてはiPhoneのケースなのですが、同僚がこれのハリネズミバージョンを持っていて異様にかわいらしかったのでつい・・・・・というところです。しかしその同僚というのは大学を出たばかりの若い女性。おっさんが同じ方向追いかけてどうする、というところもあります。

002811281241241635957  どうみてもハリネズミの方がかわいらしいですね。羊さんの方は不気味な感じがします。しかも個体差により、カメラのレンズを蹴ってしまいます。ハリネズミさんのようにレンズの邪魔をしないのが正解(そういう仕様)ですけれど、このハリネズミさんの場合も、撮影時にはぐぐっと胴体を押しのける必要があるそうです。

002811281241061468117  実は先週末には羊さんが届いていて、是非記念撮影を、とお願いしたのですけれど、残念ながらハリネズミさんはお休みでした。なぜかというと、持ち主がアイスクリームを食べていて背中に落としてしまったのだそうです。御大でなくても、落とすことがあるんですね。

2016年11月27日 (日曜日)

松本

20161125_183449

 くつろぐ2頭。こやつらはワンコのくせして暖かいのが大好きで、白い方などはファンヒーターの温風があたる位置に陣取って寝るのが常です。2頭一緒にウロウロしていると喧嘩になるので、年長の「くま(仮名)」さんがようすを見て行動します。「ちち(仮名)」さんが悪戯をしたりしてケージに放り込まれたのを見ると、のっそりとケージから出てきます。

20161126_142710_hdr

 このお二人にくっついて、「萬年筆の山田」さんへ行ってきました。地方で開催されるWAGNERの会合に参加しても、会場から外に出ないことが多いのですが、松本となると話は別です。今後、この地で会合が開かれることはあまり考えられませんし、そうなると私自身が松本へ行く機会もこれが最後かもしれない、と思ってお邪魔してきました。

20161126_142825

 店内のショウケースには各メーカーの定番品も並べられていましたが、やはりこのお店と言えば手作り萬年筆。基本的にはエボナイトの丸棒から挽いて造ってくださいます。ただ、ペン芯とペン先は既製の萬年筆から移植することになるので、お店にとってはそれほど儲かる商売ではない、というお話でした。

 東京でのWAGNERでは毎回講演をされている御大などは興味津々で、この次は自前のペン芯、ペン先を持ち込んで造ってもらうぞ、と決意を固められていました。首都圏方面からですと、比較的行きやすいところですね。

20161126_152725

 長野県にある地方都市の一つ、と思って松本を舐めてはいけません。我が奈良県には萬年筆を手作りしてくれるお店もありませんし、丸善もありません。さすがは開智学校を生んだ土地柄、と言うほかありません。個人的には萬年筆の山田さんでオーダーメイドするようなことは一生ないと思いますが、世界に一つだけ、という萬年筆を持ちたい方、松本へ行きましょう。とても人柄の良さそうな、親切なご店主が待ってくださったいます。

2016年11月26日 (土曜日)

21時間

Kps16

 本来ならば、今日、明日と神戸ペンショウが開かれているはずでした。しかしながら、会場の都合もあり、年が明けてからの開催となりました。ですので、2017年の1月に開かれても、やっぱりKOBE Pen Show2016というわけです。

 ではこの週末は・・・・・ということで、急遽開いている会場を探して師匠が開催してくださったのがWAGNER中部地区松本大会。松本での開催は2度目で、前回は閉会間際に地元の方が一名来られたのみ。さて今回は、と期待が高まります。

20161126_111509

 参加者は、写真の神奈川県の方に加え、東京都から2人、富山県から1人、愛知県から1人、そして奈良県から1人でした。途中、お約束の通りに「萬年筆の山田」さんにお邪魔して、前回大失敗したにもかかわらず蕎麦をたぐりに行って、そして懇親会をしてお開き、ということだったようです。

 私は午前7時に自宅を出て、ノンストップで走り続けて11時に会場着。そこから午後4時半まで会場にいて、そこから岡崎のペンズアレイ竹内へ。同所には午後7時から日付が変わる頃まで滞在してから尼崎経由で帰宅しました。走行距離900キロ強、なかなか充実したドライヴでした。

20161126_111934_2

 松本ではこのようなペンを拝見したり、そりとん大先生による新店舗構想をお聞きするなど、なかなか充実した5時間半を過ごしました。そして岡崎では、川口師を囲んで会食を楽しみつつ、時間を忘れての萬年筆談義。たまにはこんな遊びまくる1日も良いものです。