フォトアルバム

最近のトラックバック

« 2016年7月 | メイン | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月31日 (水曜日)

中古の悲哀

20160831_202621

 早く行こうよ、と飼い主を見る「ちち(仮名)」さん。もう何年も、1日1食夕食のみ、それも外食という激しく不健康な生活を続けている飼い主ですが、職場から帰宅後、妻を伴って食事に出かけようとしたときのショットです。

 ワンコたちにとってはお父さんとお母さんが出かけるので、これはもう一緒に行くしかない、というノリなのでしょう。しかし、我が家のワンコたちはどちらも車に乗るのが苦手で、乗り込むときこそひょいっと軽く乗り込みますが、乗ったら誰かにべったり。ドライバー1人でワンコを乗せて走るのは危険と思えるほどです。それにもかかわらず、乗ろう乗ろうというのは実に不思議です。

Mitsuyan32img337x5991470869290ummac

 排ガス規制前のエンジンを積んだSTIHLのFS200。排気量36ccでなかなかにパワフルです。こいつにナイロンコードカッターを着けて草むらに向かうと、目の前の草がどんどんなくなっていく、その早さに感動を覚えます。しかしながら国産機とはエンジンの始動方法なども違い、国産機に慣れた身には使いにくいところがあるのも事実です。

 何より、パワフルすぎてナイロンコードを選ぶのが難点。草を刈り始めて1分もしないうちにコードが根元からちぎれてしまうので、そのたびにエンジンを止めてコードをセットし直す、ということを繰り返さなければなりません。いきおい、コードがちぎれないようにそぉ~っと刈らざるをえず、これでは何のためのハイパワー機なのかわからない、ということになります。

20160831_140648

 致命的なのは、温間再始動が難しいことです。作業中にエンジンを切ってナイロンコードを整え、さぁ作業再開、というところでエンジンがかかりません。こうなると、点火プラグを外し、燃料タンクの蓋を開けて、さらにはエアクリーナーを外して、5分ほどエンジンを冷やした後に再始動を試みることになります。1時間ほど現場にいて、実際に草を刈っているのは10分もない、という悲惨な状況です。

 プラグが汚れているに違いない、と抜いてみたらこんな状態。右が新品です。新しいプラグに換えると、冷間での始動性は良くなりましたが、機会が温まってからの始動は相変わらず困難です。

20160831_140712

 どうもこれは、前オーナーの使い方に問題があったように思います。これだけ汚れるというのは、ろくな燃え方をしていないということ。いいオイルの入ったきちんとした燃料を使っていたのかどうか、その辺も怪しいですし、オイルとガソリンとの混合比がおかしいとか、そういうこともあったかもしれません。

 なかなかに厄介な症状なので、これはプロの手を借りるしかありませんが、今頃になって機械を修理に出していると、草刈りシーズンが終わってしまいます。早く治ることを期待しつつ、明日からは新学期です。

2016年8月30日 (火曜日)

出てきた

20160825_003108

 何の警戒心もなく寝ている「くま(仮名)」さん。このときはきっと、宿敵とも言える「ちち(仮名)」さんがケージの中にいたか、あるいは誰か家族が間に寝転がっていたのか、いずれにしても安心してケージの外で寝られる状況にあったのでしょう。

 私の勤務する県では、何で校長教頭がこんなに爺婆ばっかりなんだ、と見解で質問が出たぐらいで、とにかく管理職に登用される年齢が高いので教頭や校長には青息吐息の人も結構います。私はサボりまくってますから毎日平気な顔してますけれど、周りの人から見ると炎天下で草刈りしても平気なけったいなおっさん、だそうです。いつ寝てるんですかと聞かれることも多いのですが、毎晩しっかり3~4時間は寝ています。体力がないのでそれぐらいすると目が覚めて、あとは昼間、目を開けたまま寝てるのです。

20160831_005635

 今日はヤミ金融ゼロの日だそうですが、私はテレビの前に寝転がって、「ミナミの帝王」なんぞを見ておりました。その後寝室に入ると、こんな箱を見ました。ずっと前からそこにある箱、中身は空っぽだと思っておりました。妻の萬年筆が入っていた箱なのです。

 そして今日はまた、国際失踪者デーでもあります。主に強制的に失踪させられた、してしまった人への関心を高める日、ということですが、失踪してしまった萬年筆は今頃どこに転がっているのだろう、と箱を開けてびっくり、中にはしっかりと萬年筆が収まっていました。

20160831_005653

 私は白い萬年筆は基本的に持たないので、これは妻が自分のものとして買ったのでした。確かインクは通してあったと記憶していますので、現在はどういう状態なのか、それが心配です。

 子どもの頃からずっと自殺願望のあった私ですが、この萬年筆が我が家に来た頃には「消えたい」という願望にとりつかれておりました。死んだら生ゴミを捨てるみたいに処分して欲しい、と思いますけれど、生きている人にそれをお願いするわけにはいきません。犯罪者にしてしまいます。

 煙か何かみたいに「ポンッ」と消えてしまって、最初からいなかったことになる、というのが理想ですが、よほど力のある悪魔を捕まえてお願いしないと無理でしょう。

20160831_005715

 さて、これでまたお掃除すべき萬年筆が増えました。これはきちんとした代理店モノですけれど、何と言ってもマーレンですから、インクが出るかどうかはわかりません。新品ですら怪しいのですから、長いことインクを入れたまま放置してあったとなるとなおさらです。

 人生最後の1台にしよう、と思っていた刈払機も今ひとつ調子が良くなくて、大がかりな点検とお掃除が必要です。Blogネタにつながりそうなモノばかりいっぱい出てくるのですけれど、もともとグズで時間の使い方が下手なのに、やるべきことが山のようにあり、そうした作業になかなか時間を割けないことが問題なのです。あぁ、いっそ消えてしまいたい・・・・・。

2016年8月29日 (月曜日)

20160830_062105

 何かに潜り込んで眠るのが好きな「ちち(仮名)」さん。今日もクッションに潜り込んで寝ているところを、シャッター音で起こされてしまったようです。

 彼女はアレルギーか何かで痒いところがあるようで、一度受診させなければと思っているのですが、皮膚科専門の獣医師を予約しようと思いつつなかなか果たせずにいます。大手術後、換毛のタイミングや毛の生え方も変わってしまったようで、今年は夏毛なのにもふもふです。

20160830_062241

 もう20年ぐらい前でしょうか、熱海のMOA美術館にお邪魔したことがあります。当時はまだ2人しかいなかった子どもたちが「ちび」だったので、ワゴン車に布団を敷いてはTDLに向かう、というのが定番の休みの過ごし方でしたが、そのついでに寄ったのです。

 琳派の展示を見たいという妻の希望でしたが、お目当てのものは出展されておらず、それはここにあるよ、と紹介されたのが根津美術館でした

20160830_062225

 今回、久々にお邪魔したら展示館が建て変わっておりました。5年ほど前に改築されたそうです。日本庭園もこの美術館の魅力ですが、今はこの「双羊尊」というのがウリのひとつでもあるようです。大英博物館にあるものとここにあるもの、世界に二つしかないという祭祀用の器です。

 前回お邪魔したときは、燕子花図のミニ屏風を買い求めましたが、すでに同じモノはなく、燕子花図をあしらった扇子などがあるのみでした。そしていつものように探してみたものの、萬年筆もありませんでした。

20160830_071522

 で、結局はこんなものを買ってまいりました。この双羊尊をあしらった付箋ですとか、クリアファイル、そしてハンカチのようなものは眼鏡や携帯電話の画面を拭き上げるマイクロファイバークロスです。これらをレジに持って行くと、読み上げながら精算してくださるわけですが・・・・・

 「尊ちゃんの・・・ひとつ、尊ちゃんの・・・ひとつ・・・」そういう名前のキャラクターになっているようです。美術館も入館料だけではなかなか大変でしょうから、キャラクターを育てることも大事なのでしょうね。

2016年8月28日 (日曜日)

おのぼりさん

20160825_003406

 無理矢理に変な顔にされている「くま(仮名)」さん。彼女がケージの中ですやすや眠っている早朝、妻と二人で自宅を出発しました。

 自宅から埼玉県の北浦和まで、新幹線利用で片道1万5千円弱。二人で往復すると6万円近くかかります。これを乗用車で往復すれば、高速代が往復で1万3千円ほどで、燃料代が往復1万円ほど。半額です。

 休みを取らず、どこへも遊びに行かなかった夏休みですので、1日ぐらい妻とお出かけしてもバチは当たらないでしょう。

20160828_131544

 埼玉県の美術館まで生徒の作品を取りに行くだけ、ではさびしいので、まずお上りさんコース。個人的に大好きな南青山の根津美術館を訪ね、その後は東京スカイツリー。肉の万世本店でお昼ご飯を済ませて、旧万世橋駅跡を活用した商業施設をちょっとのぞいただけ。根津美術館到着が10時半でしたが、気がつくと午後3時半。東京は入れ物が大きいので移動にも時間がかかります。

20160828_162858

 埼玉県立近代美術館で生徒の作品を受け取って、一路奈良へ帰ろうとするも、首都高渋谷線で事故った御仁がいたようで、用賀まで2時間などという恐ろしい表示が出ておりました。高架道路の上で2時間のろのろ運転していても面白いことは何もないので、浅草から用賀まで、都心部をぐるぐる回りながら2時間ほどかかけて移動しましたが、東京で暮らす人たちのきまじめさに心を打たれました。

 国道246号線は片側三車線ですが、例によって激しい渋滞。でも、一番歩道寄りの車線だけがガラガラです。大阪で運転することになれている私は、お行儀が悪いのを承知で左端車線をバァーっと走って行くのですが、すぐに路上駐車の車に行く手を阻まれます。そう、皆さん、そのたびに中央より車線に移動して道を譲ってもらうことをよしとせず、右側2車線だけで流れていたようです。

20160828_132007_hdr

 246渋滞の原因と思われるものを見たときは、心底、アホかいなと思いました。三車線のうち、真ん中の車線に真っ赤な郵便車がハザード焚いて放置されているのです。故障なのか、運転者もいません。これ、周りの人に手伝ってもらって端に寄せたりしないのでしょうか。それでも怒らないのが東京の人なんですね。都会で暮らすのには忍耐力が必要と思い知りましたが、私には絶対無理です。

 定価だと絶対無理なスカイツリーの展望台限定セーラー蒔絵萬年筆。夏のセールだとかで、4割引でした。21金ペン先のが2万5千円、14金ペン先のが1万9千円。軸の模様は14金のペンの方が好みでしたが、結局は見送りました。でも、後になるほど、やっぱり買えば良かったかなぁ、とも。だって、多分もう二度とのぼらないと思いますし。スカイツリー。

 

2016年8月27日 (土曜日)

どのくらい?

20160827_001442

 なぜかはわかりませんが、こうやって寝ていたそうです。これが目撃される少し前には、これまたなぜか家の中を這い回っていたムカデを真っ二つに噛みちぎってしまったという「ちち(仮名)」さん。臆病なのか、それとも怖いもの知らずなのか、よくわかりません。

 飼い主は午前6時半頃に自宅を出て職場に向かいましたが、到着するとそこにはPTA役員の皆様のお姿がありました。午前7時半から準備をすると伺っていたので早めに行ったつもりでしたが、完敗です。

 午前8時から90分ほど、校内の除草作業を中心に取り組んでもらって、1トントラック3杯分の草の山ができました。まずは乾燥させて嵩を低くするために、トラックに積み込んで空き地に持って行く、という手筈になっていたのですが、作業終了と同時に「お疲れさまぁ」と解散。教員は新学期に向けての会議ということで、結局一人で積み降ろしと運搬をして、お昼過ぎまでかかりました。左腕が猛烈に痛いので、明日の運転が心配です。

20160813_164737

 作業を終えて職員室に戻る際、ぶらぶらと中庭を歩いていて、嫌なものを見てしまいました。先日たたき落としたはずの蜂の巣が復活しています。

 世間では今年の台風は凄い、と騒がれておりますし、実際北海道などではけっこう深刻な被害が出ているようですが、こちらでは蜂の巣が高いところに作られているので、それほど心配することもないのかと思っています。むしろ、蜂の巣に出入りしている連中の方が問題なのです。授業中はともかく、それ以外の時間帯、とにかく学校はやかましいところです。蜂が神経質になって児童生徒を襲う可能性も否定できません。蜂には申し訳ないのですけれど、蜂の巣は見つけ次第撤去、というのが基本です。

20160813_164746

 もちろん学校にはケルヒャーの高圧洗浄機もあるのですけれど、電気を引いて水を通してと準備が面倒です。パッケージ写真のお姉さんみたいに手軽にニコニコと高圧水による洗浄ができるなら、それが一番です。

 もちろん、電気で圧力作ってブワァ~っと吹き出させているのと、ホースの先を指で潰すのと同じ理屈で勢いよく水を噴き出させているものが同等であろうはずがありません。まぁまぁ使えたらいいかな、というぐらいの期待感です。ある程度の威力があるのなら、場所にも寄りますがこいつで蜂の巣を落とすこともできるかもしれません。

20160813_181216

 対象物に跳ね返った水が自分を濡らす稼働か、というぎりぎりのあたりならば、何とか実用になりそうな感じです。実際、使われていないツバメの巣などをたたき落としてみました。蜂の巣も泥の塊ですから、これでいけるかもしれません。

 いつもこんなことばっかり、青いつなぎを着てやっているので、いつの間にか「教頭の青い服は防護服」という都市伝説が生まれていたようです。さる保護者が大まじめな顔で、「うちの塀に蜂が巣を作っているので、教頭先生が防護服着て取りに来てください。ダメなら防護服貸してください。」と依頼しに来られたこともありました。

 この青いつなぎ、私の持っている服の中では、一番お値段の高い、何と4千円もしたモノですけれど、スズメバチには無力です。かぶっているお面も草刈りをするときに小石の飛散から顔面を守るためのものです。プロの駆除業者が着ている防護服でも、オオスズメバチの針に対しては無力だそうです。蜂の巣落とすときは、パパッとつついて落としてすぐに隠れる、これしかないのです。

2016年8月26日 (金曜日)

トラック

20160826_225838

 クッションに顔をうずめて眠る「くま(仮名)」さん。こんな風にしていて息苦しくないのか、いつも疑問に思います。飼い主は、風邪をひいて寝込んだとき、鼻が詰まっていると苦しくて寝ておれず、最後には起き上がってしまいますので、こういう寝方ができる彼女をうらやましく思います。

 不健康な生活を続けている飼い主は、最後は寝たきりになって周りに迷惑を掛けてしまう可能性が大です。そして何より、体を動かす気力や体力がなくなってしまった状態で、鼻が詰まった、あっちこっちがだるい、などと感じたら、それこそ地獄の苦しみなんだろうなぁ、と今から憂鬱です。ぱっと煙のように消えてしまうのが理想ですが、そんな夢みたいなことを言っていても何の解決にもなりません。難儀な話です。

20160826_132211_hdr

 夏休みの終わり頃に、保護者の皆さんが学校を綺麗にしてくださるという夢のような行事が毎年続いています。夏休み最後の土曜日に、早朝から90分程度、草刈りをしたりトイレ掃除をしたりするもので、そこで出た草や枯れ枝などを運ぶために、市役所のトラックを借り出してきました。

 今年はこれまでの夏休みの中でトップとなる出勤率99%を達成できたのですが、そこへ土曜出勤してしまうと働き過ぎな感じもします。けれども悪いことばかりではなくて、例年この時期に夏の疲れが出て胃腸の調子を崩したり風邪をひいたりするものが、今年はなんともなく、実に元気です。自分で体調管理ができない私のような人間にとっては、早起きして職場に出る、というリズムを毎日強制される方が体にいいのかもしれません。

20160826_132223

 いつもは軽トラックを借りているのですが、どこの学校でも同じような清掃作業が行われるようで空きがなく、今回は1トントラックを借りました。鍵を受け取って運転台に乗り込むと、まず目に飛び込んできたのが防災無線の端末。メカメカしい雰囲気もさることながら、このロゴにしびれます。

 Z80より6809な私は、意味もなくモトローラが好きです。当時6809を使っていたのかというとそうでもなく、FM7を横目で見ながらMZー2000を触っていたのですが、それでもモトローラにはあこがれのようなものを感じていました。あげくにモトローラ製の携帯電話に手を出して、その使いづらさに往生したものですが、使いにくさもまた文化、と考えておりました。

20160826_132304

 さまざまな業種でブラックな会社が挙げられておりますが、市役所なんてものもブラックきわまりない職場です。地震や大雨、洪水などで自宅が被災しても、「這ってでも出社しろ」と言われるブラック企業。市役所や町村役場の職員、そしてもちろん県庁職員ともなると、そもそも災害が予測される場合には家にいることすら許されません。公僕なので当たり前ですけれど、無邪気に「モトローラっ!」と喜んでいるこのトラックに資材を積んで、被災した人たちのところへと走るのもまた市役所の人のお仕事です。

 そういえば、むちゃくちゃ強力な台風が近づいてきているようですが、もし台風接近で被害が出ることが予想されると、学校は避難所になります。よくよく考えると、市役所の人だけでなく、私自身も避難所開設のため学校に詰めることを求められる立場なのでした。このトラックが無線機使って活躍することがないことを願います。

2016年8月25日 (木曜日)

限界

20160824_205727

 すぅすぅと寝ている「くま(仮名)」さんですが、こんな寝方をしてしんどくないのでしょうか。逆海老反りになった上に、上半身(?)がクッションからはみ出して下がっています。これで気持ちいいとか楽だとかいうことは絶対にない、と思うのは人間様だからで、ワンコにとってはこれが寝やすい姿勢なのかもしれません。

 飼い主は朝の10時過ぎから始めて、激しい夕立で午後4時頃に中断を余儀なくされるまで、ずっと草刈りに励んでおりましたが、ナイロンコードが溶着を繰り返した上に、刈払機のエンジンがどうにもパワー不足で、しまいには熱ダレまで起こす始末。運動場の地面すれすれを刈るので、もうもうたる土煙で何も見えなくなります。きっとこの砂塵がエンジン内部に吸い込まれていて、シリンダ壁を削っているのでしょう。終わり頃にはエンジンを始動してスロットルを開けるとプスンとストールするようになりました。

20150728_142053

 軽量な割にパワフルで、そのほとんどが斜面での草刈りという私には実に良く合うマシンでしたが、そろそろ次を探す必要がありそうです。10年以上前にホームセンターで安売りされていたのを買ったマシンがいまだに現役であることを思うと、一応プロ用とされているこのマシンがヘタってしまうのは不思議な気もしますが、毎日毎日、負担の大きなナイロンコードをブン回しての草刈りが続きましたから、相当堪えているのでしょう。

 むしろパワーがある分、あれも刈れる、これも刈れる、もっと刈れると強引に刈り進んできた気がします。この次はもっと頑丈でパワフルなマシンを探す必要がありそうです。

20160824_205608

 で、ヘロヘロになって帰宅した飼い主を玄関ホールで迎えてくれたのがサフォークのあしらわれたマット。これは良いです。サフォークは角がなく、そのお耳はピンと横に張り出していて、正面から見るとヨーダのようにも見えます。モコモコですと短足に見えますが、毛を刈るとけっこう脚も長いということに気がつきます。

 ところで、羊さんたちが牧場に帰るまで、あと2ヶ月ちょっと。実は今、雑草が生長しない冬場もレンタルし続けられないか、検討中なのです。それができれば、新しい局面が開かれますし、飼い主も羊ロス症候群にならずに済むことでしょう。

20160809_084643

2016年8月24日 (水曜日)

赤みが増す

20160821_152609

 仰向けに寝転んでお腹を見せ、ゴロにゃんしてもらうのは、「くま(仮名)」さんの専売特許だと思っておりましたが、「ちち(仮名)」さんもやったらできる子だったんや・・・・・と感心したのです。でも、これはヤラセの可能性が高い写真です。正座した長女の膝の方へとたぐり寄せるように転がして、反対に戻れないように抑えて写真を撮ったのか、とも思いましたが、長女には真正面からでも写真を撮らせるのですから、これも本気でゴロンとしているのかもしれません。

 飼い主は今日も今日とて炎天下で草刈り。まぁ私が人並みにこなせる仕事と言ったら草刈りぐらいしかないので仕方ありません。一度草刈りに出れば3時間以上、水も飲まないで刈り続けますから、養護教諭はつなぎ姿の私を見るたび、「やめて!」と言います。でも大丈夫、根性無しの私には、倒れるまで作業を続けるような気力はありませんから、熱中症になどなりようがないのです。

20160825_235021

 むしろ問題は、長袖長ズボン、菅笠をかぶって顔に面をかぶっているという重装備にもかかわらず、なぜか日焼けをしてしまうことです。いつも半病人のような青白い顔をして、安藤忠雄みたいに目の下にクマを掘っている私ですから、少しぐらい焼けた方が良いのですけれど、焼けたことがないせいか、赤くなって痒い、そして痛いという段階にとどまるのです。

 毎日草刈りをしているので、少しは健康的に焼けそうなものですが、浅く焼けた肌は夜寝ている間に中途半端に回復して、また翌日ちょろっと焼けて、というのを繰り返し、そのたびに辛抱のない私は掻きむしるので、残るのは汚らしい腕だけです。この国ではスポーツができないと人間扱いされませんが、それはまだ人生をあきらめれば済む話。でも、スポーツができない、やらないままおっさんになると、こういう難儀なことが出てくるのです。

20160825_235028

 ペン先、ペン芯を抜き取って綺麗に洗ったはずのロットリング・リーフですが、つけ込んである洗浄液が日に日に赤みを増してきています。今はまだほんのり桜色、ロゼワインみたいな色ですが、これ、そのうちに熟成された赤ワインみたいになったら怖いですね。

 冗談抜きで、洗浄液を吸ったり吐いたりというのを繰り返すと、確実に液の赤みが増していきます。いったい、どこにインクが残っているのでしょうか。これを夏休みの自由研究にしようかな、と一瞬思ったことでした。

2016年8月23日 (火曜日)

食べ物

20160822_194203

 お誕生日だったそうです。「ちち(仮名)」さんが我が家の一員となった日の記事を見ますと、実に可愛らしいですがですが、こんなに大きくなってしまいました。気がつけば、彼女ももう8歳、人間に換算すれば50歳前後ということになります。最近、落ち着きが出てきたなぁ、と思うのも当然です。そう考えれば、人間ならとうに還暦を超えている「くま(仮名)」さんが、まだまだ元気でいてくれることを喜ばなければなりません。

20160820_112213

 埼玉県立近代美術館のエントランスホールに現在展示中の座れる段ボールの椅子、こちらは「ちくわ」です。竹輪という名からもわかりますように、かつてはこの食べ物こそが「蒲鉾」でした。ガマの穂のイメージですね。

 我が家のワンコたち、実は練り物が大好きです。肉汁したたるステーキなんぞを食べていれば寄ってくるのはもちろんですけれど、練り物にも目がありません。

20160820_121529

 私の勤務する学校の生徒たちが出展した作品がグランプリをとったと聞いて、これは遠方からの出展に対するご祝儀なのかな、とも思いましたけれど、それだけではなかったのかもしれません。こちらも埼玉から遠く離れた大阪府の子どもたちが作った作品。良くできてます。個人的にはたこ焼きに刺さっている爪楊枝の溝がきっちり再現されているところがツボです。

 4回目の開催にして、始めて全国からの作品募集。応募するからには大阪らしいものを、というサービス精神あふれる作品と思いますが、あまりにも綺麗にまとまりすぎていて「普通」だったのかもしれません。火星人や蛸を思われる造形の作品が隣に展示されているのは、美術館の人の遊び心でしょうか。

20160820_120300

 あと、食べ物シリーズではこういう作品もありました。枝豆をイメージしたものということですが、現物を見るまで、今ひとつよくわかりませんでした。こうやってみると、座面がふっくらと膨らんでいるところなどが枝豆ですね。座り心地を良くするため、座面の中にはちぎった段ボールを詰め込んであるそうです。我が校の作品も同じように考えて、段ボールをシュレッダーで裁断したものを詰めてあります。皆さん、同じようなことを考えるものです。

 この展示もこの週末まで。その後、作品を搬出しなければなりません。宅配便で送ってもらっても良いのですが、副賞としていただいたイームズ系の椅子もありますから、送料がとんでもないことになりそう、ということで、送料以上のお金を掛けて搬出に行こうかな、と考えている私なのでした。

2016年8月22日 (月曜日)

とかす

20160821_080237

 なぜか起きていて、どこかをじっと見つめている「くま(仮名)」さん。これはけっこう珍しい光景です。彼女の方を見た場合、餌鉢を枕にして寝ている姿を目にすることがほとんどで、起きて動いている彼女というのはなかなか見られません。

 おそらく、視線の先には何かおいしそうなものがあるのでしょう。今日はお誕生日だとか言って(ホンマかいな)「ちち(仮名)」さんがケーキをもらったそうですから、あるいはそのおこぼれにあずかろうとして注視しているのかもしれません。

20160822_015528

 どうしてもインクが出ない人魚姫、ロットリング・リーフです。けっこう手荒く扱われてきたペンですが、その素材と表面の処理故か、くたびれた感じはしません。こういうのはデスクの上のペン立てに突っ込んでおくのに最適でしから、何とか復活させたいものです。

 使い始めてからずっと、赤系統のインクを入れられてきたこのペン。これを手にした頃は、萬年筆のことなんて今以上に何も知りませんでしたから、モンブランのボルドーだったか何かを、その瓶の形だけを面白がって購入し、吸わせていたのです。今では考えられないことですが、極太の、乾いた血の跡みたいな筆跡で、生徒が毎日書いてくれる学級日誌にコメントを入れていたのです。

20160823_070407

 遠沈管とかスピッツとかどこ行った?と探すも見つけられず、とりあえずは瓶の底に少しだけ残っていたライニガー洗浄液にそのまま漬け込み。不器用な私のことですので、ペン先は抜いたりせずにつけたままです。

 けっこう何度も洗浄した記憶がありますが、それでもまだ、コンヴァータの中にはほんのり桜色に染まった液体が入っています。実際、こうやって漬け込み始めてから何日か経ちますが、瓶の底に残った洗浄液も、その桜色を日に日に濃くしてきています。

 人魚と言うよりは落花生と言った方がしっくりくるこのペン、ペン先は極太字ですから、何とか復活してもらいたいものです。

2016年8月21日 (日曜日)

登校日

20160822_014803

 ハウス、の声に押されるようにケージに駆け込んだ「ちち(仮名)」さん。家族一同から賞賛の声を浴びせられて、まんざらでもなかったようです。その後は外へ出たがることもなく、自分の寝床で過ごしておりました。柴犬ですから身繕いは欠かすことなく、寝る前にはあちこち気になるところを舐めたり噛んだりして整えております。

 金曜日は素早く退勤して、土曜日は埼玉。ゆえに本日、月曜日の研修に向けての準備を整えておく必要があるのですが、朝はゆっくりと起き出して昼過ぎからは妻とお出かけ。その後、夕食をとって、世間の皆さんはもう寝ましょうかという時刻になって職場へ出て、明日の研修に向けて準備をしておりました。実につまらない休日の夜です。

20160728_135531

 ようやく準備を終えての帰り際、羊小屋をのぞいたのですがもぬけの殻でした。この時期、あまりの暑さに、羊たちは人間が朝が朝ご飯を食べる時間から晩ご飯を食べる頃まで、ほとんどの時間を小屋の中で過ごしているようです。偶然の産物ではありますが、彼らの小屋は生い茂った木の下にあり、風が通り抜けて、実に快適な空間なのです。

 西の空に日が傾く頃、あるいは激しい夕立がやってくる頃に、彼らはようやく腰を上げて草を食べに出て行くのですが、写真の白丸くん、実は体重が増えすぎたせいか、前脚を痛めています。小屋にいない羊たちがどこで草を食べているのか、帰る途中で車を駐めてそれらしい場所を探したのですが、母娘はすぐに見つかったものの、白丸君の所在がつかめませんでした。三頭の中で、彼の体毛が最も「白さ際立つ」ものなのに、夜の闇の中、斜面のどのあたりにいるのかがわからず、脚を痛めているのでもしや、などと要らぬ心配をしましたが、しばらくして、向こうから私を見つけて、ボォと鳴いてくれました。一安心です。

20160728_135919

 京都、五山の送り火が終わり、甲子園での高校野球も大詰めになると、あぁ、夏休みも終わりやなぁ、という感じが強くします。児童生徒にとってはまだ仕上がっていない宿題その他を強く意識し始めるころですが、先生たちにとってはこれからの1週間ほど、「研修」なるものに時間をとられます。

 そもそも、夏休みのこの時期に設けられることの多かった「登校日」というのは、先生の都合によるものという側面も強かったのです。要するに先生の給料日に合わせて生徒の登校日が設定されていたのです。昨今は銀行振り込みが当たり前ですが、かつては朝からしっかりと研修して、お昼過ぎに校長先生が給料を運んでくる、という、何とも牧歌的なものでした。

20160809_084646

 さて、前日にしっかりと仕込みをしておかなければならないほど、明日の研修は内容の濃いものになる予定ですが、それ以外のものはどうなのか、というところが少々気になります。まずはじめに、夏休み中の研修はいつといつ、合計何日間、というのが決められて、それから中身を考える、というのがそもそもの間違いであるように思います。そういうことをしているから、担当者はしんどい思いをするけれど、参加者にとってはたいして役に立たない、眠たいだけの研修になってしまうのではないでしょうか。

 ちなみに、私の勤務校を含め、奈良市では現在、登校日なんてものを設けている学校は少ないように思います。夏休みは学校を離れ、家庭で過ごす期間、というコンセプトに基づくものですが、もっと登校日設定して子どもを見てくれ、という家庭の要望も少なからずあるようです。はたして、どちらが良いのでしょうか。

2016年8月20日 (土曜日)

なぜか

20160820_231527

 いつもより、もっともっと多めにはみ出している「くま(仮名)」さん。飼い主が帰宅しても知らん顔で眠り続けています。元気なのは元気ですが、さすがに歳をとってきたのがよくわかる感じで、あとどのくらい彼女と暮らすことができるのかなぁ、などと考えると少しさびしくなります。

 「くま(仮名)」さんがいなくなってしまうと、そもそも拙Blogのタイトル自体意味をなさなくなりますね。そうなると・・・・・

20160820_103126

 なぜか、ここまでやってきました。何事にも不器用を超越している私は、小さい頃から絵を描いたらシュールレアリスム、ものをこしらえたらゴミ以下という状態でしたので、図画工作や美術の授業は大嫌いでした。中学3年の定期テストで、「美術の授業について、思うところを書きなさい」などという問題が出て、ここぞとばかりに「嫌い嫌い嫌い」と書き連ねたほど。高校へ入学した際、芸術教科が選択制で、「音楽・美術・工芸・書道」からひとつ選びなさいと迫られて、消去法で書道を選んだという暗い過去もあります。

20160820_121718

 第4回を迎えた「座れる段ボールの椅子グランプリ」に作品を出展し、見事受賞の栄誉に輝いた本校美術系クラブの諸君を引率してやってきましたが、高い旅費払って来ただけのことはあった、と実感できました。写真は猫の形をした椅子で、「しっぽは踏まないで」というのが作品名。写真でいうと左下のほうにちょっとだけしっぽらしき出っ張りがあり、一段と高くなっている猫の背中に座るとき、どうしてもここに足がかかってしまうことからこの名になったという、そういうエピソードが聞けたり、なにより、目の前で見ないとどこがどういう風に猫なのか、ということすらよくわかりません。

20160820_110145

 表彰状を受け取る人が一人、副賞を受け取る人が二人、合計3人必要ですと言われていたので、どんなものをくださるのかと思ってましたら、写真の「椅子」が副賞でした。授賞式の後、真顔で「今日、持ち帰られますか?」と聞かれたのには苦笑せざるを得ませんでしたが、地元の学校などは実際すぐに持ち帰られたところもあったようです。

 各種スピーチの中に、何度も「奈良からも出展・・・」などと出てきておりました。グンマーもすぐそばにある埼玉県人にして、奈良は相当な田舎、遠方というイメージがあるのかもしれません。

20160820_122009

 個人的に大好きなのがこの作品で、実にうまくパロってるなぁ、と思うわけですが、座れる段ボールの椅子ということでいうとあまりにも普通なのかもしれません。構造や見た目、感触、そして何よりコンセプト。そうしたものに独自性や新味が感じられる作品が多く受賞していたようです。

 その点、王道とも言えるガチな作風で応募した我が校の作品は、遠方から出展したご祝儀での受賞かな、とも思っていましたけれど、説明を聞くとそうでもなかったようです。そうしたことも、やはり実際に行ってみてわかったこと。生徒たちは、むしろこの授賞式の後の「東京観光」に期待していたようですけれど、授賞式に参加した意義は大でした。

 一番人気だった鉄道博物館を断念し、時折襲うゲリラ豪雨に見舞われつつ、秋葉原電気街の散策、雷門から浅草寺、そしてスカイツリーに金の泡をバックに記念撮影と、お上りさん定番コースをこなし、とどめに東京タワーにのぼって〆。残る課題は、作品の搬出と副賞の椅子の受け取りをどうするか、というところです。

2016年8月19日 (金曜日)

呑み

20160820_001628

 遅かったわねぇ、と言いたげな「ちち(仮名)」さん。夏休みというのは普段より早く日が過ぎるもののようで、そしてその一日一日も早く終わるように思います。

 8時過ぎに出勤してメールの整理やら何やらしていると、夏祭りに使うパイプ椅子を貸してくれと人が来て、椅子を出したりトラックに積み込むのを手伝ったりしているうちに約束の時間が来て、地域の皆さんとの会議。これが予想外に長くかかって、終わったときには同僚は皆、昼食を終えて午後の仕事にかかるぞ、という時間帯でした。そこから慌てて今日中に片付けておくべき仕事をやっつけて誰よりも早く定時に退勤。今日は花金ですので、遠方より来たる友と呑みました。

20160819_181032

 友と合流して、一年越しで狙っていたお店へ。サッポロラガー、白星でも黒星でもない、いわゆる赤星が呑めるお店です。ビールを飲み始めた頃はキリンラガーぐらいしか身近になくて、のどごしの「う~、刺激がぁ」というのがビールだと思ってきましたけれど、最近はヱビスやモルツなど、スターチなどが入っていないものばかりを選んで呑んでおります。

 赤星もご多分に漏れず、米、コーン、スターチなどが含まれておりますが旨いものは旨いので、とりあえずは我慢。たまに呑むなら大丈夫でしょう。

20160819_204925

 中瓶一本でビールは切り上げて、後は日本酒ばかり。奈良は日本酒発祥の地なのですから、奈良へ友が来てくれたなら日本酒を呑むべきです。

 夜遅くまで呑んでいて、明日、起きられるのだろうか、と心配になりますが、仕事はともかく楽しいことなら寝坊しないという頼もしい性質なので、多分大丈夫でしょう。相変わらず奈良は乾燥が続いていますが、明日の埼玉県は雨模様だとか。新幹線に乗るのに、崎陽軒のシウマイとヱビス、という組み合わせを楽しむことができないのは何とも残念ですが、これもお仕事、気合いを入れて行ってきます。

2016年8月18日 (木曜日)

乾燥実験

20160819_052950

 照明を落とした暗い部屋の中。夜行性のワンコですが、人間様に合わせて夜はよく寝ます。飼い主としては二頭のワンコに分け隔てなく接しているつもりですが、「くま(仮名)」さんがケージの外にいると、「ちち(仮名)」さんは対抗心をむき出しにして「襲って」きます。「くま(仮名)」さんのケージの入り口をふさぐような位置で飼い主が「ごろん」としてあげると、こんな風に安心しきって眠るわけです。

 長女によれば、ケージの戸が開きっぱなしになっていても出てこずに寝ているというのは、「どう、私、パパのお気に入りなのよ。」とドヤっているのだそうですけれど、真相はどうなのでしょうか。

20160819_060337

 ライニガー洗浄液に漬け込むことで、長年の懸案であったインク詰まりを解消した・・・はずの・・・キャップレス。せっかく「開通」したこのペンですが、意地悪な実験を使用と思い立って、ここ2ヶ月ほど、あえて放置しておいたのです。

 5月あたりまで大いに悩まされた全身の痒み。湿気が多くなり、汗をかくことも増えるようになって、結果的に肌の乾燥が改善されたせいか、あまり感じなくなっておりました。それがこのところの晴天続きで空気が乾いているせいか、また頭をもたげてきました。そうか、乾いているのか。ならばそろそろ、というわけで、放置してあったペンがどうなっているのか確認です。

20160819_060240

 まずはニブを観察。このままいけそうな感じですが、ペン先に付着しているように見えるのはインクではなく、インクが乾いてできた「模様」です。これを指でこすっても、指は黒くなりません。

 カートリッヂもすっかり向こうが見えるほどになっていて、萬年筆全体としてインクがなくなっている状態とわかります。ペン先を軽く水ですすぐと、固まっていたインクがほどけて筆記できます。問題は、その後どうなのか、ということですね。

20160819_060304

 ペン芯側を見てみます。インクが詰まってどうしようもなかったときの写真を撮っていないのですが、目視した記憶と比べると、これは「通っている」状態ではないか、と思えます。頑固なインク詰まりに手を焼いていたときには、もうこれはアカン、インサートごと交換・・・・・ならばペン先を引っぺがしてしまおうか、などと短絡的な考えも浮かんだのですが、タイミング良くライニガー洗浄液に出会ったので、あえて引っぺがさずに通しました。今回、またも固着ということになって、それが頑固なものであればこの際・・・・・とも思いつつ、新しいカートリッヂを挿して書いてみることにしました。

20160819_060158

 あっさり書けました。そこから放置すること1週間、まだ大丈夫です。もうこれは、もっとひどいことをしない限り普通に書ける状態にある、と判断して良さそうです。インクをしっかり通すように何度も何度も、紙が黒くなるほど悪戯書きをして、いやでも毎日持ち歩いて使うように携帯電話や老眼鏡と一緒に置いておくことにしましょう。

2016年8月17日 (水曜日)

かん

20160817_214458_2

 ひとしきり雑巾を振り回して遊んでいた「ちち(仮名)」さんですが、どうやら電池が切れたようでうとうとしています。この夏は例年になくもふもふしていますが、それでも脚などを見ますと、いつもの夏と同じく、ほとんどヌードじゃないかというほどの毛の薄さです。

 今日あたりから少しずつ職員室の密度も上がってきましたが、まだまだ本調子ではありません。逆に、これが普段並みに人がたくさんいるような状態になると、それは夏休みの終わりを意味します。ゆったり、自分のペースで日頃はできない仕事に取り組むことができる日々も、あとわずかです。

20160817_214211

 もうすぐ始まる2学期に向けて、まずは汚い机とその周辺の整理整頓、不要物の処分に取り組んでいますが、あわせて、新学期に入ったらスムーズに仕事が進められるように、さまざまな文房具を買いそろえたりもしています。何事も形から入って、形骸化してしまうのも人一倍速い私です。

 上の大きな缶に乗っかっているのは大きさ比較用の螺鈿M800。すなわち、写真下の缶は非常に小さくてキュート、ということになります。

20160817_214249

 別になくても困らない、どうしても必要というわけでもないのに、このように小ぶりな缶を見ると、「欲しい」と思ってしまいます。普通の輪ゴムなんてものは、職員室の片隅に置かれた文具庫の中に山ほどあるのに、何で自前で用意する必要があるのか、と自分にツッコみつつ買ってしまいました。

 それでも、大きめの缶に入っているのは、輪ゴムであって輪ゴムでない、普通とはちょっと違ったハンドリングをする輪ゴムです。

20160817_214321

 細長いものを束にして輪ゴムでとめるとき、輪ゴムを折りたたんで小さな径にしてから使うことがありますが、花屋さんなどがよくやる、対象物に輪ゴムをぐるぐると巻き付けてから最後に輪っかを掛ける、という方法もあります。これはそういう使い方に特化した輪ゴムで、対象物に幾重にも巻き付けた後、錨の形をした部分を輪に通して固定するものです。

 下手くそな文章を連ねても意味不明ですので、こちらを見ていただくのがよろしいかと。その名も「たばね」です。

 まもなく始まる新学期、この輪ゴムを瞬く間に使い切るほどにばりばり仕事をこなすことができるでしょうか。のんびり過ごしてだらけきった体は大いに不安と言っております。

2016年8月16日 (火曜日)

いるだけ

20160729_092332

 のんびりと見えて、実は必死で米糠を食べている羊さんたち。今日もまた仕事らしい仕事もせずに、ほぼ1日、職員室で座っておりました。羊さんたちは明るくなる前に置きだして草を食べ始めるようです。一通り食べ終わった頃には日がのぼって暑くなり始めますので、午前8時頃には小屋に戻り、ドテッと座り込んでのんびり反芻しております。

 夏休み中はゆっくりできますので、私が出勤するのもその頃。職員室へ上がる前に、まずはドテッと寝そべっている羊を押しのけたり引っ張ったりしながら、小屋の中に散乱している羊の糞を片付けます。もうかなり長いこと雨が降っていないので、小屋の中も乾燥しきっており、掃き掃除をするともうもうたる土煙が上がりますが、羊さんたちは知らん顔です。けれど、掃除が終わると、いよいよ米糠タイム。掃除なんかいいから早く頂戴、とすりすりしてくるのも可愛いものです。

20160730_092255

 門柱にくっついたままのでんでん虫。生きているのか、それとも抜け殻なのかは不明でしたが、昼過ぎにぱらぱらと雨が降った後、姿が見えなくなっておりました。どうやら生きていたようです。

 予定ではいくつかの部が活動することになっていましたが、先生方も骨休みをしたいのか、急遽予定が変更されて、結局今日も職員室には数人。いつもはけたたましく鳴り続ける電話機も、今日は1時間に一度鳴るか鳴らないかという程度。本当にのんびりとした一日でしたが、夏休みもあと2週間。ここからは、新学期に向けてさまざまな準備が始まり、忙しい日々となりそうです。

20160815_112114_hdr

 素人に寄ってたかって毛を刈られ、見た目がひどいことになってしまったモコさんですが、少しずつ毛が伸びてきています。白丸くんとももちゃんは残った米糠を一生懸命に食べておりますが、その輪の中からはじき出されたモコちゃんは空の器を見て残念そうにしております。

 羊さんたちは米糠を見ると目の色を変えて食いついてきますが、これもけっこうお腹に負担がかかる食物のようで、糞の状態を見ながら量を調節しないといけません。予定では10月いっぱいで牧場に帰ることになっているのですが、先日、牧場の飼育員の方から、「なかなか上手に飼育しているね。」というお褒めの言葉と共に、「これなら冬もここで暮らせるんじゃない?」というお言葉もいただきました。もし実現すれば、羊ロス症候群にならずにすみそうです。

 毎日毎日、仕事もないのに出勤するぐらいなら、面倒がらずに休みを取ればいいのに、とあっちこっちから言われていますが、日頃ロクに仕事をしていない分、残りの夏休みも頑張って電話番を勤めたいと思います。

2016年8月15日 (月曜日)

ぼんさん出る

20160815_201634

 またあざとい寝方して・・・・・と思ってよく見ると、真剣に眠っていたという「くま(仮名)」さん。体の構造上、普通にそうなるのでしょうけれど、後ろ脚の間にしっぽを挟み込むようにして丸まっているところが可愛い(親ばか)となってしまいます。この状態で首の下などに手を突っ込んで撫で撫でしても何の反応も無し。熟睡しておりました。

20160815_114406

 職員室に掛けられている日めくりがエラいことになっていました。小学校の教頭先生が毎日めくってくださるのですが、最近は綺麗にちぎれず、上の方が見にくくて困る、ということでしたので、お任せあれ、それ得意です、としゃしゃり出た私でした。子どもの頃、お盆に母の実家へ帰省すると、日めくりの残った部分を整理する、というのが私の仕事だったのです。

20160815_115450

 こんなんね、割ピン引き抜いてちゃちゃっと・・・・・あれ、ステープラーみたいなもので止められています。どうもこいつを引き抜くとやばそうな雰囲気ですので、カッターナイフを持ち出して余分なところを切り取るという作業をすること10分。しかし、私のやることにまともなことはひとつもありません。今回も勢い余って本日15日の分まで切り落としてしまいました。何をやらせてもアカン子やなぁ、と祖母があきれていたのを思い出しました。

20160815_233230

 何やかんやで今日も草刈りをして、気持ちよく帰宅して受けた報告が、お線香倒れてたたみ焦がしたでぇ、というものでした。お盆の精霊棚にあげたお線香、どうやら線香立てに浅く挿してあったようです。

 子どもの頃、母の実家に帰省すると火鉢の灰をかき回して遊ぶのが好きで、そのたび「あかんで。そんなんしとったら、ぼんさん出てくるで!」と叱られたものです。火鉢からぼんさんが出てきたら、そら怖いですけれど、何でお化けとかではなく、ぼんさんなのか、子ども心にも不思議でした。

20160815_233445

 そんなに触りたかったら、これしなさい、と命じられたのが、蝋燭立てや線香立て、お鈴などを「ピカール」で磨く仕事と、線香立ての灰をふるって綺麗な灰にすることでした。大人になっても、お盆といえばこれをやっていたのですが、考えてみると今年は忘れてしまっておりました。

 できの悪い当代に、ご先祖様が警告してくださったのが畳の焦げ跡、と考えると、すっと納得できるものがあります。

 明日から3日間、校長も小学校の教頭もお休みです。管理職はこんな頼りない私だけ、果たして大丈夫なのか、心配の種は尽きません。

2016年8月14日 (日曜日)

下手くそ

20160813_221429

 たまには凜としたお姿を、と記念撮影された「ちち(仮名)」さん。実際には眠たくて仕方がない時間帯で、誰も遊んでくれないのでどうすることもできずとりあえずお座りしてみた、という状況です。

 明るくなると仕事に出て、暗くなると帰ってくる、という我が家は、いつも散らかり放題ですが、お客さんが来るとかお坊さんが来るということになると、とりあえず玄関から客間までは片付けます・・・・・と言って、私は何もできないので、ほぼすべて妻にお任せ。彼女がいなければ、あっという間に我が家はゴミ屋敷になってしまうでしょう。しかしそれ以前に、彼女に拾ってもらっていなければ、お盆にご先祖やお坊さんを迎えるどころか、お盆に迎えてくれるところを探してさまよう方に回っていた可能性大です。

20160813_142319

 人生だけでなく、焼きそばのパッケージも簡単にひっくり返ってしまうもののようです。復活、とかかれていますが、以前販売されていたときのことを知りませんので、最近出会った即席焼きそばです。ヤキソバという大文字、「そしてひっくり【返】るおいしさ」の感じの部分が鏡文字になっております。

 食べてみれば何のことはない、普通の即席焼きそばです。作るときにはお湯を注ぐだけで、お湯を捨ててからソースを混ぜて、そこにスパイスと、この商品の要と言うべきイモとタマネギを揚げたものをふりかけるだけです。

20160813_142424

 おいしいのかどうか、それは知りません。私のような糖尿持ちがこんなものを食べてはいけませんので、同僚が作っている最中に写真を撮らせてもらっただけです。

 私のように地方都市に住んでいると、お盆だから静かになるということはなく、むしろ、お休みの人、帰省してくる人がうじゃうじゃ街に出てきて普段より鬱陶しい感じです。例によって妻と夕食をとりに出かけたお店でも、ただやかましいだけの子どもと、それをほったらかして外にたばこを吸いに出る母親、という最悪のグループと隣り合わせの席になってしまいました。

20160813_144301

 加えて、運ばれてきた料理は注文したのとは全く違うもの。実は私、外食をするとよくこういう目に遭うので、またか、と怒りがこみ上げてきましたが、よくよく考えればこれ、自分の発音、発声に問題があるのかもしれません。

 自動車を運転していてしょっちゅうお釜を掘られる人は反省しなさい、というのと同じことなのではないか、と。そう考えると、怒りのテンションもスッと下がりました。会計の際、注文をとりに来ていたお姉さんが「押し間違えたみたいですみません。」とフォローしてくれておりましたが、いやいや、私が悪いのです。そもそも、お店が混むのも自分がそこに行くからです。

 さて、気持ちが落ち着いたところで、片付けて表に出てきたさまざまなものをどう処分しようか、考えなくてはなりません。じゃんけん大会の景品にぴったりなものが、今年もたくさん出てきました。

2016年8月13日 (土曜日)

主犯格

20160814_055623

 たしかに一緒にいたはずなのですが、飼い主は例によって突然死してしまい、意識が戻ったときには「くま(仮名)」さんはケージの中ですやすや。これはアカンわ見切りを付けて自分の寝床に戻ったのでしょう。

 勤務先の美術系クラブが、さる美術館主催の展覧会に作品を出品したのですが、その審査結果がなかなか送られてきません。今月20日から28日まで展示される、ということだったのですが、何らかの賞をいただいた場合には20日の表彰式に参加しなければなりません。なので、賞をもらったら20日に、もらえなければ作品搬出をかねて28日に埼玉へ行くぞ、と言う話をしていたのですが、本日、審査結果が郵送されてきました。まぁ、それ目当てに休日出勤したようなものなのですけれど・・・・・。

20160507_103830

 気になる結果は、「中学校グランプリ」でした。このコンテスト、今年が4回目で、過去3回は埼玉県内の学校に限定して作品が募集されていたのですが、今年から全国の学校が応募できるようになりました。それにしても不思議なのは、いきなり美術系クラブの顧問名で作品募集の案内が届いたことです。全国の学校に案内するならば、「学校長」宛というのが通例です。

 おかしいなぁ、不思議やなぁ、と言い合う中で、あることを思い出して、すみませんと頭を下げました。私は職務上、日に何度か学校に届くメールやFAXをチェックするのですが、もうかなり前、その美術館からアンケートのような、募集のようなFAXだったかメールだったかが届いていたのでした。無視するのもアレなので、とりあえず回答しておいたのですが、どうやらそれを資料として、本校の美術系クラブ顧問宛に案内が来たようです。

Gn2009102912

 さて、そういうことで原因を作った私も引率に参加することになりますが、全国から作品募集しておきながら、20日の表彰式の案内を今日送ってくるなんて、ちょっと困ったものです。新幹線、とれるでしょうか。始発ぐらいの電車で最寄り駅を出て、ようやく間に合う感じですから、もっと遠方の学校が受賞した場合は泊まりがけですね。

 少し前までなら、こういう場合、教員が自分の車に生徒を乗せて走っていく、なんてことが普通でしたが、最近はそれも世論が許しません。そのくせ、費用の負担は何とかならないのか、と学校に苦情が寄せられるのですから困ったものです。いっそのこと生徒諸君には若さを活かして青春18きっぷで埼玉をめざしてもらおう・・・・・などと冗談を言いつつ、頭の痛い話です。

2016年8月12日 (金曜日)

お掃除

20160810_214534

 飼い主の靴下を咥えて振り回し、あちこち暴れ回ったあげく、疲れて寝てしまった「ちち(仮名)」さん。だいぶおとなしくなったとは言え、まだまだ暴君です。この場所にはエアコンの風が直撃しますので気持ちいいのでしょう。

 今日はお盆休みをとる人も多く、職場にいても本当に静かな1日でした。保護者や教育委員会事務局からの電話もなく、部活動も一つだけ。唯一、学童保育できている小学生の声が聞こえてくる程度でしたが、向かいの幼稚園からエンジン音が聞こえてきたので、じっと座っているわけにはいかなくなりました。

 それでなくても前日は呑んで食べての1日でしたから、ここは一発、というわけですが、陽射しはきついものの、草刈りをしていてもあまり汗をかきません。午後2時過ぎから3時間ほどやりましたが、たいした負荷にはなりませんでした。やはり、アカン、これ以上やったら熱中症や、というぐらいでないといけません。

20160813_091642

 インクを入れて使っていた(過去形)な萬年筆たち。休みのときにはこいつらを掃除してあげなくては、と思いつつ放置したままになっています。お盆休みというのは、家に仏壇がある場合、全く休みにはならないものです。妻に「今日の予定は?」と聞いて、「お・そ・う・じ」と言われたとき、それは、8月の終わりに宿題が全くできていないのと同じくらいの恐怖なのです。

 夏休みの間には必ず7日間休みなさい、特に管理職は率先して休みを取るように、と厳命されているのですが、この日に休みます、と言う書類を書くのが面倒なので放置したまま。そのことを忘れていて、あっ!と思って先日も昼過ぎから墓参を済ませるというバタバタぶり。しかしそれがこの夏休みに入って最初の休暇でした。あと6日半、無理にでも休まなければなりませんが、来週からはそれどころではないので、結局そのままでしょう。厳命されているとは言っても、休みを取らなかったからと言って処分されることも叱られることもないので、やり過ごしてしまえばそれまでです。

20160813_091716

 お掃除そのものは、私など全く当てにされてはおりませんから、重たいものを動かすときとか、ゴミを捨てに行くとか、掃除用品で足らないものを買い出しに行くとか、そういうことでもない限り、何もすることがありません。それでも、あちこちに放置してあるブツを「これ、さっさと片付けて!」という声が飛んでくることもあるので、常にスタンバイしておく必要があります。

 9本入りのペンケース、あと3本はどこに行ったのでしょうか。そういうものがお掃除のときにひょこっと顔を出すこともあります。腐海の底に沈んでいたものが浮き上がってくる、そのチャンスを逃してはなりません。

 明日はWAGNER水道橋に顔を出して・・・・・などと考えていて、新幹線が激混みなので取りやめたのですが、それで良かったのかもしれません。

2016年8月11日 (木曜日)

絶滅危惧種

20160808_204147

 動かざること山のごとし、な山の日の2頭です。「ちち(仮名)」さんは涼しいからこの場所で寝ているのでしょうし、「くま(仮名)」さんはケージの中でも涼しいから別に外に出なくても、ということで中で寝ているのでしょう。

 無理矢理はめ込まれた初の「山の日」を活用すべく、私の職場では幹事さんが工夫を凝らして「職員研修」を実施してくださいました。かつては多くの学校で行われていた、夏休み中の職員旅行。時代の流れと共に参加者が少なくなり、1泊旅行から日帰りへ、そしてついには行事そのものの廃止という流れが定着していますが、嬉しいことに私がこれまで勤めてきた職場ではすべて「職員研修」が実施されていました。

20160811_114253

 それにしても、どうしてこうまで皆さん真面目なのでしょう。いくつか提示されたプランの中から、最終的に多数決で選ばれたのが琵琶湖でのカヌー体験をメインとするコースでした。理由は、カヌー体験ができるこの施設に、来年度以降、校外学習として児童を連れて行くかもしれないから下見を兼ねて、というものでした。

 水着に着替え、かんたんな講習を受けて琵琶湖にこぎ出していく同僚たち。私などは着替えを持っていくと聞いただけで「不参加!」と言ってしまうほどの面倒くさがりなのですが、カヌー体験しなくてもいいよ、ということでしたのでかろうじて同行させていただくことができました。陽射しはきついのですが、さすがは水辺だけあってさほど暑くはありません。

O0480064113720640043

 皆さんがカヌーをこいでらっしゃる間、ひたすら暇を潰したら、びわ湖大津館へと移動してフレンチのコースで昼餉。個人的にはこの建物、何より写真左のエレベータがツボでした。籠が昇降しているときには、外で針が動くという、昔懐かしいタイプですが、残念ながら内部はしっかりと改装されていて、オペレータ用のハンドルが昔日の面影を伝えるのみでした。

 夏休み期間中に、垢抜けしない風体の集団がだらだらと歩いていたら、それは教員の「研修旅行」かもしれません。ガイドさんの話をろくに聞かずに勝手な行動をとる人がいたり、やたら私語が多かったり、ようするに遠足や修学旅行でやると先生に叱られるようなことばかりしている団体、それはほぼ確実に先生たちのグループです。

O0480064113720640060

 で、最後の行程はこちら。皆さん、おおいに楽しみにしてらっしゃったようで、到着前に車内でマップやクーポンが配られると、どう回ろうか、何を見ようかと実に賑やかでした。ブランド名を聞いても何のお店か知らないとか、いいものが安く買えるのに買わない私は、とっても不思議がられ、皆さんに Why? と言われまくっておりました。

 私は技術の教師で、もの作りをする人ですから、手間暇かけて作られたいいものであればこそ、服を着れば穴を開け、物を持てば傷を付ける、そんな私が手にしてはいけないと思っています。服でも靴でも小物でも、「安いもの」ではなく、「安物」限定な私には、自分がいてはいけない場所にいるような気がして、なかなかしんどい90分でした。でも、こういう機会でもなければ死ぬまでアウトレットなんて近寄ることもなかったでしょうから、どんなところか見られただけでもありがたいと思うべきなのでしょう。飲み食いが過ぎたので、明日からまた、しっかり草刈りでもしなければ。

2016年8月10日 (水曜日)

換装終了

20160810_184716

 あまりにも可愛らしすぎる「ちち(仮名)」さん。最近はケージの外で涼しいところを探して横たわることが多くなりました。彼女のケージが置かれている場所は、比較的冷風が行き渡りにくいので、風が当たり、なおかつ下がフローリング、というところを好むようです。

 今日は児童生徒6人ほどを引率し、京都府木津川市にある量子科学技術研究開発機構関西光科学研究所の、きっづ光科学館ふぉとんへ行ってきました。パソコン部のメイン顧問が所用のため、ピンチヒッターです。お昼過ぎに職場の最寄り駅まで戻ってきて、子どもたちを見送り、次は自分のお仕事です。駅前の花屋で墓花を買い、すぐそばの100均で線香や蝋燭を仕入れて、そのまま電車に乗って高野山をめざしました。

20160810_220749

 お盆休みもそろそろ始まろうかという時期ですが、さすがに平日、それも午後の遅い時間からですと高野山へ向かう列車も空いています。奥の院にあるお墓を掃除してお参りを済ませ、駅まで戻ると、人身事故の影響でダイヤが乱れているとの案内放送。それでもそこそこの時間に自宅へ戻ってくることができました。

 今日はCPUとメモリのアップグレードです。現状はしょぼい構成ですので、限度いっぱいまでのアップグレードを行います。

20160810_221115

 まずは簡単なメモリの交換から。1GBモジュール2枚から、チップセットの上限である8GBにすべく、4GBのモジュール2枚に交換して、まずは認識できているかどうかのチェック。OKです。

 ここで一気にCPU交換まで行ってしまうと、うまく動かないときに原因の切り分けに手間取りますから、面倒でもひとつずつ、が鉄則です。それを無視して今まで何度痛い目にあってきたことでしょうか。

20160810_221410

 ヒートシンク側にもダイ側にもグリスがべっとり。私はシリコングリスを塗るという作業が、いまだに上手にできません。まずはクリーナーで古いグリスをしっかりと拭き取って、ヒートシンクの方に冷却用のパッドを貼り付けることにしようと思います。

20160810_221255

 使おうとしているT9900という石、ThinkPadでも使っていますが、筐体から吹き出す熱風のすごさから、その発熱の高さがわかります。ですので今回は売り場にある中で一番熱伝導率の高いものを選びました。

20160810_221920

 ピンク色のソケットにあるマイナスのネジを回すと、CPUが外れます。古い方のCPUも、一応グリスを綺麗に拭き取ってあげました。熱伝導パッドはこちらに張るのではなく、ヒートシンク側に貼り付けることにします。その方が不器用な私でもうまくいく可能性が高まるからです。

20160810_222827

 当たり前ですが、あっさり認識。動作周波数が上がったことと、キャッシュが倍になったことぐらいしか違いませんから、普段の使用で違いを感じる場面はあまりないと思いますが、最近はOffice系のソフトでもけっこう立ち上がりが重たいですから、メモリの増量と併せて、ある程度の効果はあるものと思われます。ここまでできたら、あとはひたすらアプリケーションを入れ込むのみです。

2016年8月 9日 (火曜日)

共にある

20160809_214454

 「餌鉢の共にあらんことを」という感じでひたすら眠る「くま(仮名)」さん。我が家のワンコの写真は寝ているところばっかりですが、それは飼主の腕が悪くて起きているときにはまともな写真を撮ることができないからです。

 長い間、授業をして試験をして成績をつける、という稼業をやってきて、この春から「採点や成績付けしなくてすむようになった」と密かに喜んでいたのですが、神様は常に人に試練を与えてくださるもののようです。何と、形ばかりのものだと思われてきた「教員の人事評価制度」に、今年から管理職による5段階評価というものが加わることになりました。

 この制度では管理職による「面談」が必須とされているので、今日は1日中、比較的時間に余裕があった校長と2人で、職員室にいる先生方を次々と面談しておりました。実に疲れるお仕事です。

20160810_064758

 家に帰ってポストをのそくと、1枚の絵はがきが入っておりました。川端康成の名作「雪国」の冒頭の一節、そしてそれに合わせた写真です。はがきをくださった方、素晴らしいセンスですだと唸ってしまいました。

 はがきは四国からで、先日のWAGNER松山大会でご縁のあった方からのものです。そう、例のシェーファー、スリムタルガの方からです。

20160810_064706_2

 もう使うことができないのかとあきらめていたスリムタルガ。どーむさん提供のコンヴァータを得たお葉書の主は、早速PILOTの色彩雫、山栗を入れて日々お使いになっており、使うほどに愛着が増しているとのことでした。

 いいですね。私などは、けったいなメーカー、変なペンだから好きだというきわめて邪悪な理由でシェーファー好きなのですが、純粋に目の前にある、自分と共にアルペンを愛しているというのは、実に素晴らしいです。

 なので、けったいなシェーファー、ペン先のアップで締めくくります。

20160810_064725

2016年8月 8日 (月曜日)

うんざり

20160804_233114

 仮想現実のコダックを重ねられてしまった「ちち(仮名)」さん。とはいえ、ご本人(犬)は何とも思っておりませんし、重たいこともないのです。

 我が家は近所に川が流れているせいか、水系のポケモンが良く現れますが、昨日、飼い主が久しぶりに700系新幹線に乗ったからなのか、こうしてコダックが出てきてくれることもあるのです。

 中古で手に入れたiPadに問題が見つかりましたので、販売元に連絡を取って返却することとなりました。当初の計画では、この中古の方を使い、例の怪しすぎるストアで何とか無事に購入できた新品の方をお嫁に出すつもりだったのですが、これも怪我の功名というやつでしょうか。

20160809_004245

 だけども問題は、傘がないことではなくて、中古品 iPad Pro の環境構築がある程度進んでいたことです。そこで、中古のバックアップをとり、新品の方をアクティベートしてから「バックアップから復元」して、めでたしめでたしとなるはずでした。

 Windows10の1周年記念とかいうアップデートはけっこう凶悪でして、それを入れてからあちこちに不具合が出まくっております。まずは音が出なくなって、一晩寝たら何事もなく音が出るようになっていた、と言うのに始まり、今一番困っていることは iTunes が10回に9回ほどの確率で固まってしまうことです。毎度のことながら、どっちも怪しい者同士、原因がどちらにあるかの切り分けをするのも馬鹿馬鹿しいと思ってしまいます。

20160809_004150

 しかしながら今回の件は、iTunes側に大いに問題がありそうです。特にデバイスのバックアップがうまくとれない、という状況に対してWindowsを使っている人はどのように対処すべきか、今後のために書き残しておくことにします。

 iTunesでバックアップをとる前に、すでに存在しているバックアップを削除、もしくは別の場所に移動しておきます。ユーザーフォルダ内にある自分のフォルダに入り、そこからAppData、Roaming、AppleComputer、MobileSync、BackUpという具合に開いていくと、謎めいた長い長い名前のファイルがあります。これらを削除、または移動しておきます。

 その後、iTunesでデバイスのバックアップをとると、たいていはうまくいくように思います。バックアップがとれたらデバイスを交換して、バックアップから復元、と進みます。今回はうまくいきましたが、とても脆弱な感じがしますので、iTunesとは別のバックアップ用ソフトを導入した方がよいでしょう。

2016年8月 7日 (日曜日)

刺激と緊張感

20160808_010958

 全く緊張感のない姿で寝ている「ちち(仮名)」さん。これでも本人(犬)は薄目を開けて飼い主の動きを見守っているつもりなのです。ワンコは枕を好みますが、上級者(犬)になると枕の形や高さ、堅さなどを調整するようになるのが笑わせてくれます。

 今日はWAGNER名古屋だ、ということで早朝4時に目が覚めて、それが災いして次に目覚めたのが7時。いつものように近鉄で3時間かけてのんびり行くつもりでしたが、あまりに出発が遅くなったので贅沢にも新幹線を使ってしまいました。

20160807_113312

 お向かいでは模試か何かをやっているということで、会議室の扉は閉めきりです。扉を開けると、実に賑やかに萬年筆している人々。これに参加したから特に何があるというわけでもないのですが、ついつい参加してしまう中毒性のある会合です。

 中部や関西の会合では、迷惑じゃんけん大会というものが行われます。ところが、ここのところ景品が「上等」になってきていて、迷惑、というところがないがしろにされていますので、私も気合いを入れて迷惑な景品を持ち込みました。名古屋大会に参加すると必ずと言ってよいほど重たいものをお持ち帰りになるN御大ですとか、富山からお越しの不器用な方などが仮想ターゲットです。

20160808_011414

 もらった人が百人いたとして、内99人までは捨てるしかないというPalmのアプリ。私の手元には今も難題かのPalm OS端末がありますが、肝心のクレードルがどこかへ行ってしまっているので、これをインストールすることができません。

 その昔、Palm端末を常に携帯する私を異端視していた皆さん、スマートホンの使い心地はいかがですか。流行り物は流行る前に使い始めるのが私のポリシーです。つかう気があれば、ですが。

20160808_011347

 あ、これまともやん、と思ったら甘いのです。こちらのDVDはリージョン1なので、いわゆる「いらんこと」ができる人でなければ視聴できません。私は重たいDVD&HDDレコーダーを持ち込んだのですが、一応普通の家電製品ですからこのDVDは視聴できません。

 リージョンコードが違っても中身は多分一緒でしょうから、「いらんこと」をすれば普通に見られます。たぶん。なのでもらい受けてきました。

20160808_011448

 名刺管理をするための読み取り機だそうですが、私の業界ではそれほどたくさんの名刺をいただくわけでもありませんので、これも不要と言えば不要なものです。こちらはPCと接続するための「ミニ」USBケーブルが欠品だそうです。

 マズいことに、私は最近までミニUSB機器を使っておりましたので、山のようにケーブルが残っております。手持ちのケーブルを足して別の会場で景品として出したら喜んでもらえるかもしれません。

2016年8月 6日 (土曜日)

端々に

20160716_130535

 長女は何を思って撮ったのか、「くま(仮名)」さんがつきだした前脚です。真っ白に見えるのですが、よく見ると端っこの方に黒っぽい毛が見えていること、そしてなにより爪が黒いので、「ちち(仮名)」さんのものではないとわかります。

 今回、某巨大オークションサイトを利用して面白い体験をしました。面白いと言うよりは、これ、やり方改めた方がえぇんちゃうの?というお話です。

1

 iPad Pro9.7インチが開始価格1000円。しかもこれ、未使用展示品ということでした。出品者は個人ではなくオークションストアですが、かなりたくさん、しかも何度も未使用展示品を出品しています。評価を見ると、商品が到着するまでに相当時間はかかるものの、まずまず信用できそうです。

 ちょっと興味をひかれたので、とりあえず落札はちょっと無理かな、という金額で入札しておいたのですけれど、落ちてしまいました。そこからがめくるめくネタの始まりです。

2

 まずはここからして、すでにダメダメです。けっこう意識して掘り下げていかないとこの画面にたどり着きませんが、この赤文字を信用するならば、落札したのが日曜日で、火曜日に入金しましたので、水曜日には発送されるはずです。お店の本店所在地は福岡県とありますので、本店からの発送でも水曜日、遅くても木曜日には到着するはずです。

3

 発送元が大阪府なら、水曜日確定です。これは嬉しい。水曜からいじくり始めて、週末あたりには使えるiPadの完成です。そうなると、液晶画面のプロテクターやら、本体の保護ケースやら、色々と買いそろえなくてはなりません。実際、保護ケースなどは早々に到着しておりました。

 あとはApple Pencilどうするかなぁ・・・絵なんぞ描かないから不要かななどとあれこれ思いを巡らせて到着を待っておりました。

4

 このメールの文面、これでちょっと暗い気分になりました。世界中のすべてを食らいつくしてもまだ飽き足らない国の人にやられたかな、という感じがします。助詞の使い方がおかしいですね。出荷準備にそんなにかかるのでは、それだけで1週間終わってしまいます。最短3日で物流センターへ発送されたとして、私の元へ発送されるのが最短で5日後。この間の1日は、何に費やされているのでしょうか。

 そうか、福岡で検品やラッピングをして、大阪へ送り、そこから私の手元へ送られてくるのか、と善意に解釈するか、やられた、と考えるか。

20160807_081051

 果たして、送られてきた商品の送付元は埼玉県。私は相当に大規模なお店と取引をしていたようです。このショップ、問い合わせ先として明示されている電話番号にかけてもつながりません。そこで、旅行に出るのだがそれまでに届けてもらえるのだろうか、と督促のメールを投げてみると、それまで何の返答も無しだったのに「すぐに送ります、それで間に合いますか」とのお返事。しかもご丁寧に「お詫びのしるしに、未使用展示品ではなく未使用新品を送ります。」とのことでした。

 そして、無事商品が届いたわけです。でも、このお店はもう2度と利用しないだろうなぁ、という思いは残りました。いい勉強です。

2016年8月 5日 (金曜日)

洗浄終了

20160709_211344

 飼主に向かってお座りをしている「ちち(仮名)」さん。「くま(仮名)」さんが背後で「どやっ!」とやっているので、ここは一発飼い主の気をひいて逆転しようという腹づもりのようです。同性の犬を多頭飼いするとうまくいかないと言われつつ、室内で柴犬の雄を飼うと家を潰されると思ってあえて雌2頭にしたのですが、この2頭の相性はさほど良くなかったようです。

 若くて体も大きな「ちち(仮名)」さんは、自分こそがナンバー6だと思っているようですが、老獪な「くま(仮名)」さんのこと、そう思わせておいておいしいところは全部自分が・・・・・という作戦のようです。

20160805_220136

 ペン先とペン芯は引き抜いて台所用洗剤で洗い、赤みを消すことができましたが、さらに分解を続けて、こんなところまで赤インクが入り込んでいたことを知りました。これも同じように台所用洗剤で洗えばよいのでしょうが、胴軸側は革を巻いていますからやたらと濡らすわけにもいきません。

 インクタンクになっている部分は、一晩ライニガー洗浄液を満たしておいたこともあってか、紙で内壁をこすってみても赤い色はほとんどつきませんでした。ティッシュペーパーだとちぎれて内部に残ってしまう危険がありますので、こういうときはキッチンペーパーが便利です。

20160805_220738

 胴軸のネジを切ってある部分については、綿棒に洗浄液を染みこませたものでひたすらごしごしこすることにより、ある程度まで綺麗にすることができました。完全とはいきませんが、しつこい赤インクですから、この程度まで落とすことができれば御の字です。

 最後は、これまたキッチンペーパーで作ったこよりで内側をこすり、赤いいろがほとんどつかなかったので終了としました。不器用な私が深追いすると萬年筆を壊してしまいます。

20160805_221717

 まずまずの仕上がりです。写真を撮るのを失念しましたが、ペン芯も相当に汚れていて、一部固形化した汚れも見られました。最大限に注意したものの、不器用さでは右に出るものがない私のこと故、胴軸に巻いた革がしっとりと濡れてしまいました。しかしこれも、乾いたらどうなるのか、あたらしい知見を得るチャンスです。何事も経験です。

20160805_221946

2016年8月 4日 (木曜日)

洗浄開始

20160804_225117

 今日もまた、ただひたすら眠り続ける「くま(仮名)」さん。一度目の帰宅の際、飼い主におやつをもらったので、もう今日はないな、と悟っているのでしょう。飼い主は今日もひたすら草を刈り、夕立に見舞われたところで駅まで帰る人たちを送って、そのまま帰宅しました。明日までに仕上げなければならない仕事があるから徹夜も辞さない、という同僚もいましたが、最近は停電することもあるから気をつけてね、と言い残してそのままです。

 同じような分量の仕事を抱えていても、早め早めに片付けて涼しい顔をしている人もあれば、私のように年がら年中締め切りに追われて慌てふためいてばかりという人もいます。やはりお仕事は段取りよく進めないとダメです。

20160804_230731

 ペンを綺麗にするには、まずはインクを抜き、しかる後に水洗いです。写真はインクを捨てて数回どころか数十回ぬるま湯を出し入れした後のお姿ですが、インクを満タンにして臨戦態勢であったときと何も変わっていないように見えます。

 特にペン先などは、インクがこびりつくことはあっても染みこむはずのない材質なのですから、もう少し綺麗になっても良さそうなものですが、刻印の凹部に入り込んだインクはまさに刺青状態になっています。

20160804_231249

 新しく買ってきたライニガー洗浄液を空瓶に入れて、プシュッというのを何度も繰り返してみましたが、これも効果が薄いようです。ならばやはり漬け込むしかない、ということになります。

 ちなみにこの洗浄液、セルロイドやエボナイトには良くない、という話ですので、どんなペンでもこいつで綺麗にしようとするのはやめた方が良さそうです。

20160804_231759

 こんな不安定な状態でそこら辺に放置しておくと大惨事の元です。ここはやはり、広くて綺麗に片付いた机の片隅に、周囲を何かで囲って安置しておく、というのが良さそうですが、自宅でも職場でも、そういう机に出会ったことは一度もありません。とりあえずはできるかぎり安全性の高そうな場所を探して、目立つように置いておくしかなさそうです。

20160804_232026

2016年8月 3日 (水曜日)

交代

20160719_212824

 次男に甘えながらくつろぐ「ちち(仮名)」さん。飼い主は毎日カレンダー通りの勤務で、普段に比べると出勤時間が遅く、退勤時間がやや早い、というところに夏休みであることを感じるのみです。8月に入り、職員室はぐっとさびしくなりました。顔を見ない同僚が増えていき、お盆の頃には電話番が数人だけ、という状態になります。

 42日間の夏休み中に何が何でも7日間は休みなさい、と教育委員会から厳命されていますから、勤怠表にはこの日に休みますと書いてあるものの、それは表向きだけ。実際に休みたければ、別途書類を提出しなければなりませんが、それを書くのが面倒くさい、というだけの理由で、ここ四半世紀ほど、休みの予定を入れておいて出勤、ということを続けています。

20160803_232643

 そんな生活を続けていても、別に不満はありませんが、新しいおもちゃがやってくると、少し休みをとっていじくりたいという気持ちになります。これまで活躍してきてくれた右側、iPad2は、世に出て間もない頃に無理して手に入れたものでした。

 東日本大震災を受けて、日本ではiPad2の発売を少し延期します、と聞いて、香港から個人輸入。さらに背面を覆うカヴァーは地球の裏側、アルゼンチンのVAJA社製。どちらも、ほんの数ヶ月後には国内で普通に手に入るようになったものですが、それを待てないのが残念なところです。以来、iPadの新機種をいくつも見送り続けたのは、我ながら天晴れでした。

20160803_232808

 軽く、薄く、小さく、そして速く。すぐにでも使い始めたいところですが、まずはデータや設定の移行です。そういうのが簡単にできる、というのがウリのはずですが、実際には Windows10 と iTunes という、東西の横綱並みに訳のわからないソフトのせいで一筋縄ではいきません。

 まずは、iPad2の中身をバックアップ。当時は最新のものであったデカいコネクタをつないでトライしますが、なかなかうまくいきません。何度目かに成功するも、今度はこのバックアップデータから新しいiPad Proを復元、というのに手こずります。これは毎度のことで、PCに保存されている以前のバックアップデータを削除して、バックアップをとるところからやり直す、という定番の手法で何とか成功です。容量が増えた分、余計なアプリや音楽などを詰め込みたくなるので、結局今夜も徹夜なのかもしれません。

2016年8月 2日 (火曜日)

健忘(おおばか)

20160802_080251

 ケージの扉が開いているにもかかわらず、出てこようともせず、ひたすら寝続ける「くま(仮名)」さん。今出て行っても、朝の忙しい時間で誰も遊んでくれないし、長男が部屋から降りてくるまではお散歩にも行けない。ならば寝て待つのが吉、という年の功を積んだワンコならではのどっしりとした態度なのです。

 同じような状況でも、家族が続々と帰宅する夕方から夜にかけては大騒ぎなので、彼女はしっかりと状況を読んでいるということがわかります。

20160729_010430

 レモンの香りのするオリーヴオイルが届いたので、さてどうやって試そうかと思案。日頃お世話になっている方にお裾分けしたら、新鮮な生野菜に振りかけてとってもおいしくいただきました、というご報告をいただいたのですが、この私と生野菜・・・・・それはあり得ない組み合わせです。

 明日は午後から定期健康診断なのですが、1月前に受け取ったはずの問診票がどこかへ行って見つかりません。しばらくしたら、とんでもないところから出てくるのでしょうが、それでは間に合いませんので、今年は健康診断パス、になってしまうかもしれません。そういえば15年ほど前にも忙しすぎて健康診断をパスしたことがありましたが、その年の暮れにはしっかり糖尿病を発症したのでした。だらしない生活態度が命を削る、その典型です。

20160729_010746

 それならやけくそだ、とばかりこういう体に悪そうな取り合わせでオリーヴオイルを試してみました・・・というのは大嘘で、これは少し前の写真です。しかし生ハムなんぞにかけてみても、ハムの風味がきつすぎるのでオイルの風味を味わうまでには至りません。プレーンな味のものにかけて食してみないことには、このオイルの本当の良さはわからないのでしょう。

 とりあえず、今夜から明日のお昼にかけては口にものを入れないように注意しつつ、もう少し探してみることにしますが、えぇ歳こいて大事な問診票を失った、なんて、いくら私でもさすがに格好悪くて言えませんから、見つけることができなければ健康診断はパスせざるを得ず、結果、妻や職場の養護教諭、そして学校医に叱られる、というオチになります。周りの同年代の皆さんはこぞって人間ドックなどを受診しておりますが、私はそちらも未体験ゾーンのままです。月に一回、主治医の診断を受けて血液検査をしている、これで許してもらえないものかなぁ・・・・・。

2016年8月 1日 (月曜日)

指数

20160801_220359

 子泣き爺直伝かともいわれる必殺技「重くなる」を使ったものの、結局は長男に抱え上げられてしまった「ちち(仮名)」さん。あまりにも眠たそうにしているので、見かねた長男がケージに戻してやろうとしているところです。

 奥に見える「くま(仮名)」さんはすでにいびきをかいて寝ています。どれだけ眠たくても自分ではケージに戻ろうとしない、それが「ちち(仮名)」さんなのです。

20160801_133538

 エアコンが良く効いて快適な職員室内でWBGTを計測したところです。ちなみに、エアコンを28度に設定するなんて馬鹿げたことだと思っているので、「上の意向に背いて」25度から26度という、公共機関としては許されない温度設定にしております。それでも、油断していると31度とか、あり得ない設定に変える人が混じっているので要注意です。

 このWBGT、日本でも熱中症予防のために活用するように言われ出してからかなり経っています。しかし、教員というのはやたら勉強する人と勉強不足な人との両極端で、残念ながら勉強しない人の方がやや優勢という業界です。ゆえに、WBGTをチェックして熱中症を予防しよう、なんて言われ出したのは割と最近のことですし、いまだに「WBGT、何それ?」と聞く教員も少なくないのです。

20160801_134042

 快適な職員室から出て、玄関先で保護者と立ち話をすること1分。その後50mほど歩いたところでこんな感じです。時刻は午後1時過ぎで、外へ出たばかりだというのにすでに警戒域に入っています。これは中等度以上の生活運動で熱中症が発生する危険性があるというゾーンで、激しい運動をしたりすると危ないらしいです。

 このときの私の格好は長袖長ズボン、帽子はかぶっていません。この状態で倉庫まで歩き、そこで肩ベルトを着け、長靴に履き替えて、刈払機を肩から提げて運動場へと向かいます。

20160801_150133

 結局、本日の最高記録はこんなところでした。WBGTが28を超えると、自動的にアラームが鳴りますが、一定時間で止まります。しかし31を超えた場合には鳴り止まず、電源を切らない限りは止められないそうです。そういうのを体験してみたかったのですが、今日は無理でした。ちなみにこの数値、日陰で記録したものです。

 午後1時から4時までの3時間、刈払機の調子が今ひとつだったので、少し刈っては機械を止めて点検、という繰り返しだったこともあって、作業者には何の異常もありませんでした。だいたい、極度に根性無しで何でもすぐに投げ出してしまいますので、熱中症にはならない、というのが、私が唯一自信を持っていることなのです。

 本日はまた、けっこう風が吹いていました。これも熱中症にならない条件のひとつでしょう。次回は、暑くて無風で湿度が高い、というときを狙って実験してみたいと思います。