フォトアルバム

最近のトラックバック

« 宿題 | メイン | ついでに »

2016年9月 3日 (土曜日)

ネットデイ

20160904_011839

 ひとしきり遊んでくれと騒いでいたのに、誰も相手にしてくれなかったのでふて寝している「くま(仮名)」さん。彼女の美貌を持ってしても、あざといまでの可愛らしい仕草で迫っても、そういうものに慣れてしまった家族には通用しないのでした。

 今日はお休みでしたが、出勤していた同僚2人、お互い誕生日が同じだということで盛り上がっておりました。その会話の中にも出ていましたけれど、乙女座のお二人、やはり見栄えがよろしいです。我が長男も乙女座の生まれで、小学生の頃までは実におしゃれな子どもでしたけれど、歳を重ねるにつれ親父に似てきてしまったのは実に残念なことです。

20160903_155825

 お化粧直しをしているとは言え、築40年の職員室。ひび割れたところに這っている鮮やかなピンクの線はLANケーブルです。コネクタでつながれた黒いケーブルは、アルミサッシの隙間を通せるスリムなケーブルです。

 職員室から水平距離にして約100メートル先にある保健室。我々が仕事用にあてがわれているPCはイントラネットに接続されたクライアントで、サーバにログオンしなければ使用できませんが、保健室にはイントラの線がないのです。けが人や病人が保健室で休養しているときには養護教諭は職員室に戻るわけにいきませんから、その間、PCを使った作業ができません。早く予算をつけて何とかして欲しい、とここ数年要望が出ているのですが、第2の夕張市とも言われる我が市に、そんな余裕があろうはずもありません。教頭というのは「職員室の担任」なので、ここはひとつネットデイでもやるか、と思い立った次第です。

20160903_160111

 2階にある職員室の天窓から外へ出た線は、ひさしの下で屋外用LANケーブルに接続してそのまま地上へと垂らします。コネクタ部分はできるだけ風雨にさらされないようにひさしにぴったり沿わせておきたいので、空調用配管のブラケットに引っかけて高さを調整し、そのまま配管に沿わせて地上へとおろします。ここが本日一番の高所作業で、運動神経や平衡感覚などが実装されていない私にとっては大変に恐ろしく、困難な作業でした。

20160903_160206_hdr

 しかしながら、再び屋内へと入る1階廊下の天窓付近には適当な固定場所がなく、こんないい加減な状態で仮設置してあります。アルミサッシの隙間に入り込んでいる線と、ケーブル同士をつないでいるコネクタ部分、これを天窓の上の少しだけ張り出している窓枠の上に固定できれば良いのですが、とりあえず本日は資材も工具も、そしてアイディアもないのでこのままです。コネクタを中心とする接続部は何重にもビニールを巻き付けて防水してありますので、しばらくはこのままでも大丈夫でしょう。

20160903_160018

 そもそも、何で屋内を通さないのか、ということですが、それは単純に技術的な問題です。天井裏にケーブルを転がして配線するのが最も綺麗に仕上がるのは知っていますが、鉄筋コンクリート造りの校舎というのは部屋と部屋との間にしっかりとコンクリートの梁が通っているので、そこだけ天井の表側にケーブルを出すとか、梁に穴を開けるとか、それなりの技術と工具が必要になります。さらには、ケーブルの取り回しが長くなるのでそれだけ減衰も大きくなるでしょう。

 あとは、それ専用のコネクタを買ってきて、ここから先、カテゴリー6の線で約80メートル行けば、目的地の保健室です。あまりに減衰が大きいようであれば、途中にハブを入れるなどの対策が必要でしょう。面倒くさがりでは誰にも負けない自信のある私のこと、そうなったら多分計画自体が放棄されてしまうことでしょう。すべてはケーブル次第です。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/370774/33925871

ネットデイを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿