フォトアルバム

最近のトラックバック

« 極小ペントレ | メイン | 折れるな »

2016年11月30日 (水曜日)

雨の風情

20161115_193322

 こたつ布団の上で寝るのが大好きな「ちち(仮名)」さん。写真はおそらくヤラセと思われます。すなわち、撮影者が寝ている彼女を仰向けにひっくり返してから撮った1枚でしょう。ホットカーペットとファンヒーターで暖められた部屋の中で、肌触りの良い布団に乗っかって寝る、最高の気分でしょう。

20161127_152534

 先の週末は雨、それも激しい雨でしたので、雨の詩仙堂は最高、というのにつられて行ってみたのですけれど、風情を感じるところまでは行きませんでした。そういう話を京都に詳しい人にすると、いや、それで良かったのだと言われます。雨だからこそ、まだ風情があったので、これが晴れていたならば猛烈な数の人が押し寄せていて、庭を見るどころか人を見ていただろうというのです。

 実際、観光客を案内してきていたタクシーの運転手さんが、「耳を澄ませると鹿威しの音が聞こえますよ。」とおっしゃってましたが、人があふれていては耳を澄ませても何も聞こえなかったことでしょう。

 不思議なのは、詩仙堂の風情を楽しむために来ている人たちなのに、庭を前に腰を下ろし、大きな声で話している人がほとんどだということです。せめて縁側に腰掛けているときぐらい、口を閉ざして「庭を聞く」ということをしても良さそうなものですが、それすらできない、いや、しようとも思わないのでしょう。

 別のお寺ですが、仕方ないと思ったのか、わいわいがやがやの中でも味わうことができる仕掛けをしてらっしゃいました。そのことについてはいずれまた別の機会に。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/370774/34013355

雨の風情を参照しているブログ:

コメント

業務連絡、再度送信しました。宜しくお願い致します。
ところで、日本人って静寂を楽しむ事が出来る民族だと思っていたのですが、今は昔の話のようですね。

 すいどう さん

 いや、ご本人たちはうるさいとは思ってないんでしょうね、きっと。でも周りを見ればすぐわかるはずなんです。

 そうそう、私の業界にも責任があるかも、です。

コメントを投稿