フォトアルバム

最近のトラックバック

« 夜中に怒る | メイン | アルマイト・2 »

2016年12月12日 (月曜日)

アルマイト・1

20161212_131116

 おいしいもん貰えるでぇ、おいで、と声をかけられて、隊列を組んで移動する羊さんたち。この光景が見られるのもあと1週間となりました。日曜日にはこの子たちを牧場に送り返して、そのあと名古屋WAGNER忘年会に参加、ということになります。

 あいかわらずやんちゃ娘はベェ~ベェ~鳴きながら歩いておりますが、彼女の意外な弱点、それがどこの教室にも置いてあるほうきだったということが判明しました。野菜くずを与えたあと、あたりに散乱した食べ残しを掃き集めていたら、娘だけは後ずさりして怖がっていたのです。庭掃除に使う竹箒はへっちゃらで、むしろ、赤ん坊の頃からおもちゃにして噛みまくっていたのですが、ごくごく普通のほうきは気色悪いようです。

20161212_033443_2

 この箱に、まず魅了されてしまったのです。「青は藍より出でて、藍より青し。氷は水これをなして、水より寒し」のたとえどおり、認定委員長が半より妖しくなってしまったのではどうしようもありません。広島では、「ペンは服より出でて、その数限りなし。滓はインクこれをなして、ズボンを汚す。」などとも言うようです。

20161212_033422

 崩れかけている箱の中身がこちら。メカニカルペンシルと、その芯を収める箱、そしてナイフ。最初、箱の方を芯研ぎ器なのかと思いましたが、そうであればナイフの存在意義がなくなります。

 箱は崩れかけていますが、中のゴムはしっかりしていて、今も内容物をしっかりと固定してくれています。

20161212_033345

 ナイフは年月を経て回転部が相当に固くなっており、このように展開するのに骨が折れましたが、不器用な私でも何とか開くことができました。これは神戸WAGNERのミニペントレで、西の改造大魔王さんから譲っていただいたものですが、さすが、妖しい人は出展するものも違います。

 長くなりましたので、肝心のメカニカルペンシルについては稿を改めることにします。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/370774/34017172

アルマイト・1を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿