フォトアルバム

最近のトラックバック

« 入れ子 | メイン | ドミニク・フォンデ »

2017年1月11日 (水曜日)

冬晴れ

20170111_214212

 ワンコは枕をあてて寝るのがけっこう好きなように思います。特に写真の「くま(仮名)」さんのように、あご枕を好む傾向が強いのではないでしょうか。枕がないときは、飼い主の腕や脚なんかを枕に見立てて寝ています。

 今日は朝から気合いを入れて六甲アイランドまで往復してきました。誰が何をしたのか知りませんが、阪神高速が渋滞していたので下道で。自然渋滞にしろ事故渋滞にしろ、もう少し渋滞を起こさないような走り方を心がけていただきたいものです。

20170112_055635

 愛するシガーを咥えて高枝切り鋏を操るボンジョルノ松本氏。奥に見える高架橋の支柱なども含めて、けっこう原色系のイルミネーションが施されていたアイランドセンター駅周辺ですが、クリスマスの時期が終わったのでイルミネーションは終了。しかし、なぜか名店ル・ボナーの真ん前に立っているこの木にだけ、電球、電線が取り残されていて、気になって仕方がないから何とかしたい、というのが店主の希望。なので、高枝切り鋏を車に積んでえっちらおっちら走ってきたのですが、午前中のこのあたりはまだ準備中のお店も多く、普段にも増して閑散とした雰囲気でした。

20170112_055654

 枝ごと切ったのですか、などと言いつつよく見ると、電線だかワイヤーだかが木にくい込んでいます。結果としてそうなったものか、あるいは強固に固定するためにあえてこのようにしたのか、いずれにしても木にとっては迷惑な話でしょう。ここまでひどいのなら、高枝切りノコギリもご用意すべきだったかもしれません。この週末あたり、現地を視察してようすを見る必要がありそうです。

 で、件のボンジョルノ松本氏ですが、決して時計やカメラ、萬年筆ばっかりに愛を注いでいるイタリア人ではありません。試しに革のお手入れ法などについて聞いてみれば、さっきまでのイタリア人から一転、同じイタリア人でも、色にたとえればアルファ・ロッソな職人に豹変して、これでもかと熱く語り始めるのです。そんな熱い職人の愛がこもった鞄や革小物も、今月末に北野☆工房のまちで開催される神戸ペンショウに出展されます。ぜひ一度お運びいただいて、ご覧いただけたらと思います。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/370774/34028450

冬晴れを参照しているブログ:

コメント

お忙しいのに神戸まで届けて頂き、本当にありがとうございました。
先生はドラえもんのポケット持ってる、とハミが言ってました。

 ボンジョルノ さん

 先生はドラえもんの体型持ってる、の間違いですよね。

コメントを投稿